--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月23日

●雪録 八

場所:ホワイトピア高鷲
天気:暑くない晴れ
行程:昼前~終了
面子:やクン・ひクン・英クン・穂サン・桑サン&ババブサン

備考:
今季 発目。SIDASのインソールとKAZAMAのフィットソックスをブーツに装着し、試作自作カントもハイバックもローテも絶妙に噛み合って、足回りの感覚が完璧。絶好調だった。板が雪面に吸い付くようにエッジングも出来た。忘れないうちに、セッティングをLOGる。角度/+18-12・セットバック3cm・ハイバック/F4.5 F5.5・カント/F4mm

スポンサーサイト

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月20日

●雪録 七

場所:ホワイトピア高鷲
天気:雨少し止んで又雨
行程:夜勤明け12:30着~終了
面子:単独

備考:
今季 発目。病み上がり一発目。体力続かず、睡魔にも襲われつれかった。試作カントの素材の耐久性は良し。カントは後ろ足には要らんかも。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月16日

●自作角度

  以前に自作カントプレートの作成の話をしましたが、使用した素材は、地震の時にパソコンやらが、揺れ転倒ないように、底面に貼り付けて振動を吸収し、それらを防ぐ為のゴム板、「耐震君」でした。確かに“彼”の性能には期待出来していました。-20度まで耐性が有り、また衝撃を吸収という点でも、バインの底面に取り付けるという事で、衝撃が和らぐと思っていましたので。しかし、“彼”はスノーボードで発生する衝撃には耐えられる事は出来ませんでした。「耐震君」はスノーボードの、しかもカント調節に使われるなど、これっぽっちも想定されずに作られたため、㌧だお門違いな結果に相成りました。“彼”には今後パソコンの下に眠ってもらいます。お疲れっシタ。

PIC000278.jpg

で、二番目の候補として、次は固めのゴム板を下図の様にバインの形状に合う様に切り取り、装着いたしました。耐震用では無く、普通の4㍉厚の固めゴム板です。今後こいつがどの様な働きを見せるかに、期待大っす。

PIC000279.jpg

PIC000280.jpg


工作大スキ♪

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月15日

●雪録 六

場所:ホワイトピア高鷲
天気:ド晴れ時々曇り急に雪や雨
行程:アサイチ~終了
面子:ズズサン

備考:
今季 発目。車中連泊弐日目。窓を閉め忘れ、朝車内温度1度にて、少々風邪気味。券売りのヨッチンとその連れズズサンと中食。午後はズズサンと終了まで。自作カント全壊にて、素材の見直し要。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月12日

●雪録 四

場所:ホワイトピア高鷲
天気:曇り時々雪とか雨
行程:二日酔い明け11:00着~終了
面子:やクン・ひクン・長嶺・鷹・充佳クン・桑サン・ババブウ

備考:
今季 発目。妹様の結婚式の次の日にて二日酔いのまま御山。清見ICよりチェーン規制が掛かる程の降雪あり。やクン、膝痛の為、14時あがり。桑サン グラトリ激ウマ。充佳クン フリーラン激ハヤ。自作カント調節良好しかし耐久性に難有り。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月10日

●雪録 参

場所:ホワイトピア高鷲
天気:晴れ
行程:夜勤明けドロン12:30到着~終了
面子:ひクン

備考:
今季 発目。そして今季初夜勤明け御山。振り替え休日で御山に上がってた「ひクン」を発見&拉致。自作カント試使用。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年11月08日

●金具調節

  7日は今シーズン2日目にしては、好調だった。っというか、絶好調だったw。シーズン始めは大抵、バインの調節に違和感を感じる。感覚が慣れてきていないせいだと思うが、7日はその調節が、一発で今の俺の状態にガチしちゃったw。実は、後ろ足を2"(インチ)後ろへ下げ、セットバックとスタンスをとった形にした訳だけど、それが、何故か滑りやすく、尚且つ、脚部への負担も軽かった。

  調子がイイのは良かったのだけど、一つだけ、疑問に思った。それは、余り、スタンスを広げると、ボードのフレックスやらトーションを使えてねーんじゃね?って事。もともと、それぞれ、板にはコンセプトの様なものが有る筈で、その設定されている仕様以上のスタンス幅を取ると、例えば、テールが短くなり過ぎると、板が撓まず(タワマズ)、強い加圧を伝えられず、また反発を得られないから、例えば、ターン後半の加速も出ねーわ、アイスバーンで板がずれるわで、良くねーと思うんっす。ワカルカナ?こんな書き方で…。

  そんな事を思っていたら、ナイスなタイミングで、MIXIの「もきゅ@」サンから“カント"の事についてメーッセージを頂きました。“カント”って言うのは…、バインディングをボードから縦方向に傾けて取り付ける事っす。バイン本体にカント調節機能が備わっている場合や、プレートを下に取り付けて、調節をする2種類が有るみたいです。バインを内側より外側を数ミリ高くするのが普通っす。それによって、骨格上、自然に板に対して加圧が出来る…はず。解釈が違うのかな?まぁ、詳しくはここら辺で。で、元々カント調節はアルパインが主流っぽく、フリースタイル用のカントプレートは商品自体が少ない…っと言うか、ナイw。

  無ければ、自作だわね。ホームセンターでプレートの代わりになるゴム板を物色…。イイのが有りました♪今の所、候補は、地震の時にパソコンやらが、揺れないように、底面に貼り付けて振動を吸収するゴム板。「耐震君」っと言うものです。衝撃も吸収するので、もしかしたら、膝への衝撃も緩和でき、マストな代物になる予感w。次の御山までには、コソーリ、自作プレートを忍ばせつつ、ムフフです。


ナント、50位以内ニ ランクアップッス!
アリエネ~w。感激ッス

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。