FC2ブログ
2009年06月11日

●動画取込 * Capture

先日の乗鞍で、一応、自分の撮り分の撮影は終了した。あえて言いますが、今まで一緒に撮影に協力をしてくれた人々には、感謝してます。

素人同士、試行錯誤、思考しながら一生懸命、頑張ったけど、逆に無理難題を押し付けていたかもしれないと思うと、やっぱ、悪りぃっと思う。すまん。でも有難う!撮影は…楽すぃ♪。

折角の動画、これから一生懸命編集します。宜しくお願いします。



動画のキャプチャー(取り込み)作業が90%は終わった。シーズン初めの、自分の滑りを見ると、失笑する…が、それもイイ思い出だ。

fdf54c6850af0246fd6908c4225957ef[1]つい先日まで、滑っていたのにも拘らず、シーズン中ごろの“ 真っ白な雪 ”を見ると、やっぱ、滑りてーって、思う。頭の中は、雪山の事で一杯で…やっぱ、編集どころではネーです。…日々妄想。


スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年06月08日

●山行生活 * Mountain Life

9~13日まで、上手い具合に時間を作れそうなので…雪山行きてー♪行けそうな日はどうも、10日と13日っぽい。なら、山行日の前後は休息を入れたいので、9日はその辺の低山をトレイルランニングでもして、体調を整えよう。11日は夜勤入りで、休息。13日は元登山部である会社の上司と焼岳に登ろう。っと言う事は、12日は、また低山でトレイルランニングで体調コントロールしよう。うむ…なかなか充実したマウンテンライフを贈れそう♪


09 その辺の低山でトレイルランニング
10 乗鞍(天気次第で羽島w)
11 夜勤入り
12 その辺の低山でトレイルランニング
13 焼岳山行&飛騨スノーボーダー大反省会




大きな地図で見る

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年06月06日

●背嚢 * Backpack

背嚢(ハイノウ)です。格好付けかもしれねーが、スノーボード用のザックを使うようになった。最初はコングで登山用を物色しておったが、どうも、スノーボードを担ぐ事を考えると、スノーボードカンパニーのモノの方が、担ぐ事に関しては、フィードバックが有るんじゃねーかっと思い…パイルドライバーで、“ そうゆうの ”を選んだ。

glacierpack[1]
BURTONの“ Glacier Pack [36L] ”を選んだ。単純に容量と軽さを先に重視し、次に機能と値段で選んだ。以下商品説明。

BURTON GLACIER PACK 35L

  • 35L [56cm x 30cm x 20cm]

  • 重量:1.97 kg

  • 420D高密度ナイロン/450Dポリエステル

  • 人間工学的デュアルフォームクッションのショルダーハーネス

  • 簡単にアクセスできる内側のシャベル用収納

  • フリースライナーのゴーグル/サウンドポケット

  • フロントとサイドにツールアタッチメント

  • 収納式ドリンクポケット

  • 水分補給システム対応

  • 内側のシャベル用収納

  • スノーモービル対応横型ボードキャリー™

  • X-Lock™ Vertical Board Carry with Pack Compression System




商品説明だけ見てみると、なんか、スゲー、“ スノボな感じ ”の機能が満載ですが、山、登る方々は、何を考えて、アイテムを選んでいるのやろう?

俺は、楽しむ為にアイテムを選んでいますが、それこそ、自分の環境下で出来うる限り、周りが許してくれる限りでw、濃厚に買い物を楽しんで選んでいるつもりは有るし、それも、まぁ、俺なりの広義での“ スノーライフ ”なんだけど、その中に、“ 命を繋ぐ為のアイテムチョイス ”は無いです。

そうゆうチョイスを日々されている方々は、何を考えて、想像して、妄想して、チョイスされているのか、聞いてみたい。濃厚な経験が聞きてー!

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年06月05日

●探棒 * Probe

109096_QD_carbon_probe_230[1]プローブです。ビーコンで埋没地点をある程度特定しますが、正確な位置を更に特定する為にプローブ(ゾンデ棒)を使用し捜索します。



自分はブラックダイヤモンドのクイックドローカーボンファイバー230っと言うプローブを選びました。っと言っても、ショベルと同じく、コングで店長の言われるがままの購入ですがw。

ショベルと同じく、重量重視で選んだ。以下商品説明。

Quick Draw Carbon Fiber 230

とにかく軽量化をという方にお勧めの長さが2.3mのカーボン製プローブ。5cm刻みの目盛り付き。シャフトの継ぎ目にコーン状の駒を挿れることにより、スムーズな組み立てが可能。

販売価格 ¥8,925
長さ/重量 2.30m/215g

Black Diamond Equipment, Ltd. - QuickDraw Carbon Fiber Probe 230

スレッドテーマ:中日ドラゴンズ:スポーツ

2009年06月03日

●肩ノ小屋口~中食

20090603114919
ヒルメシ。鳥嫁が作った。雪、降ってきたで、サッサと喰って山頂アタックしならん。
2009年06月02日

●肌着 * First layer

ファーストレイヤーについて改めて思うこと。透湿・速乾は気にして物は選んでいたが、他、バックパックを背負うようになり、肩の摩擦が気になるようになった。そこで調べた。

salvia[1]
BOOKER TEE

薄手のDRYSKIN素材を使用した伸縮性・透湿速乾性に富んだTEEシャツ。その肌触りはまるでコットンのような柔らかさに仕上がっています。肩部分の縫い目をずらすことでバックパックを背負った時の摩擦を軽減します。ポリジーニ加工により防臭加工されています。


やはり、ユーザーのフィードバックは当たりめーだろうけど、有るんだなと感心した。まぁ、バックパックの擦れを感じて調べていた時にって言う、タイミング的な要素も加わり、このTEEが欲しいっす♪



他に、探していたら、同じくホグロフスのブログ記事に「バックカントリー暖かいときのレイヤリング」っと言うのが有った。

確かに完璧なレイヤリングなんだろうけど、全てホグロフスで固めるって…ッチョット、カコゥ付け杉っす☆。しかし、参考にはなる。



先日登頂した時、特に気にもせず、メッシュ素材のロングTEEを着て、超・肩が摩擦して痛い思いをしていた。しかし、持ち合わせの衣類は、綿系の半袖TEEで、しかも派手なタイダイ柄w。痛みには変えられねーので、それを着て登った。痛くは無くなったが、綿系なので今度は、超・汗を吸収され、それがかえって体温を奪った。

まぁ、そんなところっスw。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年06月01日

●伊奈川


携帯サイズ



前回登る際、位ヶ原山荘で登山届けを提出したのだが、届けの反面が周辺MAPになっていたので、キャプチャーした。

MAPを見ると滑走エリアとされている範囲の中央をエコーラインが走っていて、それを境に、位ヶ原山荘方面と、三本滝へ通じるラインが有るらしい。

三本滝へ通じるラインに並行して伊奈川が流れているが、その沢さえ気をつければ、次は、このラインを試してみようと思う。

良くワカランが、行くだけ行ってみよう。残雪量は気になるが、雪の有る所まで…行ける所まで行きたい。次は6月3日に登る予定。


スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月30日

●掘具 * Shovel

BD85325E[1]

ショベルです。雪崩で埋没した仲間を掘り出す時に使います。他に、ピットチェック(雪崩テスト)、ビバーク用の雪洞掘り等、用途は多いようです。

アルミブレードは薄くて、掘り易い。樹脂ブレードは軽くて曲がりにくいとの事。Dグリップの方が握りやすく、Tグリップは軽量。ブレードが大きいほど掘り易いが重い。…等、用途に対しメリットとデメリットを加味した選択をせよっとの事。



自分が選んだショベルはブラックダイヤモンドのディブロイ3と言うのショベルにした。まぁ、コングに売ってある物を、店長に聞きながら、少ない品揃えの中での選択だったが、これで良いと思う。以下商品説明。

ディプロイ3
画期的なアイディアで、ブレードとシャフトが一体化したショベルです。緊急時にスピーディーに組み立てることが出来ます。シャフトは短めです。ディブロイ3は軽量コンパクトで、ショベルの使用頻度が少ない方には、おすすめのモデルです。

サイズ:44-63cm
重 量:565g
税込定価¥7,350

Black Diamond Equipment, Ltd. - Deploy



スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月29日

●滑一〇〇 * Norikura

今回の試みは、初めての事が多く、惑いや変更が有ったが、まぁ、今回も、自分なりの低次元な収穫は有った。ので、…良し。以下長文駄文。



090526-1.jpg

予定は三本滝~鳥居尾根~位ヶ原~剣ヶ峰の約5時間の登程だった。事前に情報収集をしたつもりだったが、全く物事が思い道理に運ばねー。

三本滝~鳥居尾根まで、通常約40分。しかし、倒木と登山道の抜け落ちにより、60分掛かっても、未だ尾根に出ることすら出来ねー。

途中、滝が少し垣間見え、マイナスイオンを感じ、奮起するが…道なき道をスノーボードのブーツでこれ以上先へ進む事は時間と体力を浪費し、更に、自分の実力以上に危険と判断し、引き返す事にした。…が既に、先へ進み過ぎており、引き返しの降りは、登り以上にさらに危険だった。その時点で、判断が甘めー。

090526-6.jpg

090526-5.jpg

090526-4.jpg

後から知った事だが、三本滝~鳥居尾根は倒木の為、通行禁止だった。案内看板は後から確認した。登ってみて気付いた事は、装備が違うと、全く登れネーって事。樹林帯と雪原のミックス登坂は、俺にはまだ無理だと感じた。

幾種類の登坂方法を覚えないといけねーようだと感じた。しかし、夏山に興味は余り持てない。



10:58発、三本滝~位ヶ原山荘へのバスに間に合うように、急いで降った。バスに乗る事は出来たが、時間に追われる山行は全く面白くネーし、危ネーと思った。

位ヶ原山荘に11:30過ぎに着き、登山届けを書き、ビーコンのチェックや、装備の確認と準備をし、ようやく雪山に登れる♪

しかし、ここでも、時間に追われる。14:56発、位ヶ原山荘~三本滝行のバスに野良ネーと、蛙事が出来ネーって事。っと言う事は、山頂を14:30には出ネーと逝けねーって事。…で、2時間30分程で、山荘から、剣ヶ峰まで登らなきゃ行けねーみたいな事になってきた。



090526-2-1.jpg
携帯

ルートをもう一度確認し、自分の実力でも行けそうな所を選びながら登った。自分が登れるラインで、かつ、早く登れて、更に安全なライン…。

ラインを考えながら登るって…俺は楽しい。単独だから、余計に慎重に考えた。“ 無理なら辞める ”を心掛けながら…。

素人なりにラインを考えならが、かつ、山へ来る前に読んだ歩行方法等も試した。初心者向きの方法なのだろうけど、読んで知っているだけと、実際にやってみるのとでは、訳が違うねw。

急斜面で有効な歩き方だとしても、雪質よって逆効果だったり、深雪で有効でも、深ザラメには不向きだったり。まぁ、色々やって、良し悪しを知って、ボチボチ修行しながら、登った。

…ただね、毎回、摩利支天岳の山頂と同じ標高辺りから、脳味噌に空気が行かなくなって、クラクラして、キモティよくなるので、まともな判断で行けなくて、逝きそうになる時が有る。そーゆー時は、大きく深呼吸をして、余計にくらくらして更にキモティヨイw。



090526-3.jpg

途中、7月完全開通予定のエコーラインの除雪を撮影した。時間はネーが、迫力を感じたので時間を割いた。写真は辞められネー。

大体これで、高さは7~8メートルくらいなんじゃねーかな。中学生の頃、乗鞍でスキーの練習をしまくっていた頃、調子に乗って、落ちた事が有る。相当イタイっす。



14:10分頃山頂に着いた。思ったよりも早く登頂出来た。自分が直登してきたラインを見て、チョイ嬉しかった。左目は余り悪くないので、かなり遠くから、自分の足跡が、今ココに立っている所まで続いているのが見えた。やはり、チョイ嬉しい♪。

恐らく、カロリーが必要になると予想し、タイムリーで買ったフランクフルトだったが、不味い。冷えても上手い揚物って、なんやろ?唐揚げ?

今は無理やけど、いつか、山行に“ 無駄な物 ”を持参し、楽しみたい。ミニノートパソコンとかw。



妄想もそこそこにし、直ぐに、滑走の準備を整え降った。剣が峰(3026m)から位ヶ原山荘(2350m)のダウンヒルは、ものの数分で終わった。それでも、その数分は、格別やねw。

最初は、その数分の為に雪山へ、皆は登っておるのだろうと思っていたが、どうも、そういうもんでもネーらしく、それ以外にも、雪山登山の魅力は有るっぽい。

しかし、それでも、まだ山登りの醍醐味には、触れてはイネー気がする。登って滑って気持ちイイだけで、強い満足感はねーな。皆は本当はもっと強い満足感を味わえるんじゃネーかって思ってしまう。カナダで滑ったほうが楽しくないか?

ぁ、あと、今回、今季100発目♪今年は俺のスノーボードの何が成長したんやろーか?

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月26日

●剣ヶ峰

20090526141335
剣ヶ峰を位ヶ原から初直登した。時間に追われながら登った。時間がねーので、休む暇無く、水飲んで、写真撮ってw、…で準備してすぐに降りる。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->