--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月24日

●錦山 - ドンビキ岩 * 上


錦山ノ鳥居

錦山ニ立ツ

蒼ソラ



関連記事:
錦山 - ドンビキ岩 * 中
錦山 - ドンビキ岩 * 下
スポンサーサイト

スレッドテーマ:登山:スポーツ

2009年08月24日

●錦山 - ドンビキ岩 * 中


芝生ランチ

特等席

ドンビキ岩ニ立ツ



関連記事:
錦山 - ドンビキ岩 * 上
錦山 - ドンビキ岩 * 下

スレッドテーマ:登山:スポーツ

2009年08月24日

●錦山 - ドンビキ岩 * 下

090823nishikiyama02.jpg

夜勤明けでトレッキング。夜勤前の鳥嫁と、最近、アップカマーのシヴァ犬を連れ、「錦山」~「どんびき岩」までを、" 送電線と等高線から自分の位置を把握する "を試したく、登った。" どんびき "とはこの辺で蛙の意。



錦山の麓に有る錦山神社は、アツシん家の近くでもあり、餓鬼の頃に、ここらでエアガンの襲撃事件を起こし、エアガン禁止の発端を学内につくった懐かしの地。…原因はナオイ。

神社を左折し、キッチん家が有って、そこを右上に行ったドンツキに、少年野球の時、余りにも喉が渇きすぎて、一緒に田んぼの水を飲んだ、ミッチャンん家が有る。ポジションはライトで今は自衛隊。

登山口を探したが解らず、ミッチャンん家を尋ねたら、おばちゃんがおり、20年以上鰤に吐いた言葉が、" 登山口どこ? " …俺らしくて和んだ。

勝手に畑の畦(アゼ)を通り、少し行った所に、鳥居が有った。道標は無いが、道はよく踏まれ、地蔵堂がいくつも有った。20分程で、登頂した。

頂上は立派で、御嶽社と書かれた社や、不動明王が祀られていた。地元の信仰や文化が伺えた。しかし、蚊が多い。



折り返して、江名子方面へ向かった。錦山頂上と、どんびき岩が置いてあるピークの間にもう一つピークが有り、尾根沿いに、そのピークを降ると、大洋薬品の工場の裏地に出た。

余りにも天気が良く、乗鞍岳を正面に、遠く、笠ヶ岳まで見えた。見晴らしが利く特等席でLunchにした。丸黒山の時よりも、見晴らしが利きくので、ワラエルw。その丸黒山も見えた。



食し、最終目標のどんびき岩へ向かう。登山道は無いのか、廃れ(スタレ)たのか、見当たらず、その代わり、古いピンクテープが所々有るので、それを頼りにに、藪や湿地を、短パン・半袖で、切り刻まれながら、進んだ。

アップカマーシヴァ犬が、その薮や湿地で覚醒し、暴走し、全く言う事を聞かんので、叱り付けてやるが、効果が無い。制御用の鳥のささ身を忘れた…。



キツイ勾配を登ると、見た事が有る尾根沿いの山道に出た。間違い無く、" どんびき "に通じる道だと確信し、進む事、数分で、あの丸い岩が見えた。因みに全く蛙の姿には見ん。

その上に、十数年鰤に登り立ち、餓鬼の頃から、今までを振り返る…。Σ(゚д゚;フリカエル!成る程そう言う事か♪。…等と、醸され(カモサレ)つつも、自分をあらためて見つめ直す良い機会にもなった。



夜勤明けで行ける山は限られるけれど、低山ならば、十分に楽しめる事を知った。大小関わらず、こうした里山は、麓に住む地元の人々の文化や習慣・生活・信仰・歴史に大きく影響しているもので、それらの山々を登る事は、それらを知り、感じる事で、更に、それらは自分に、大きな変化を齎す(モタラス)、イイきっかけにも、なる鴨…シレネー等と、思うた。

因みに、送電線と等高線がどうたらット言うのは、意味が解らず、出来なかった…。やっぱ、GPSと電子コンパスが欲しい。せつに欲しい。



関連記事:
錦山 - ドンビキ岩 * 上
錦山 - ドンビキ岩 * 中

スレッドテーマ:登山:スポーツ

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。