--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月24日

●滑一〇一 * Norikura-Dake

今季06/03がLASTの外滑(ガイカツ)になった。一般的なルートやと思うが、乗鞍岳を長野県側の乗鞍高原から、三本滝→位ヶ原山荘~肩ノ小屋口(休憩)→肩ノ小屋→朝日岳→剣ヶ峰と言った感じで登頂した。大体6時間強の山行だったと思われ。

位ヶ原から肩ノ小屋口へ行く間に、富士見岳の麓(フモト)ら辺に立ち寄り、一回滑り、再び登り返して、肩ノ小屋口で、昼飯を摂った。肩ノ小屋口→剣ヶ峰は1時間半程だったと思う。

乗鞍岳 剣ヶ峰
【画像⇒】携帯電話の閲覧はコチラ (92KB/480x1173)

朝日岳(2975m)の鞍部から剣ヶ峰(3026m)と後方の大日岳(3014m)を見上げる。ココまで来ると、もう少しって感じでやる気が出るが、焦って登ると、脳味噌クラクラする。...が、それが、かえって癖になるキモティよさw。



今回は、動画の撮影で前からやってみてかった、“ 滑りを別の山から撮る ”をやった。俺は剣ヶ峰へ登り、鳥嫁は富士見岳の中腹まで登って撮った。

乗鞍岳 位ヶ原
【画像⇒】携帯電話の閲覧はコチラ (98KB/480x1471)

頂上の剣ヶ峰から、これから滑る斜面を見下ろす。遥か彼方に、位ヶ原山荘が有る。この時期の乗鞍岳は榛松(ハエマツ)が縞馬(シマウマ)の模様の様に見え、とても美しくそして不思議な景色に見える。このゼブラの白い所を滑る。



一生懸命に撮って貰ったのだが、俺の滑りがやっぱショボイ。もっとイイ滑りが出来てるはずだと思ってはいたけど、想像以上に良くねーな…。また、カメラのレンズも望遠じゃなくて、標準だので、被写体も小いせーし、天気も良くなかったので、採光率も低く、条件は、ライダーを含めて悪かった。

どれか一つでも良ければ、まだこれよりはマシなものが撮れたんじゃねーかって、悔やむけど、それを言い出すと、まったくキリがねーので、これも同じく経験として、次、同じ事をするなら、今回と同じショボ映像にはならねーように、もっと攻めた滑りをしたり、もうちょっとだけ高価なもの買ったりして臨みてー。



後、今回始めてクラックを㌧だ…。“ ちゃんとした ”クラックねw。...で、二度とするもんじゃねーなっと思った。無知だから飛べたんじゃねーかなって思ったね。後々、クラックに落ちた話やその構造、そして雪渓雪崩の事を知ったり聞いたりして、やっぱ、やるもんじゃネーと思うた。だけど、映像は残したよw。

命を掛ける程の映像にならねーって所が、この種の撮影の難しいところって言うか…、キッカーで1080回す映像の方が、迫力の有る映像を撮れる。実際1080自体が凄いので、凄いと言う表現がしやすい。

深さの有るクラックを飛んでみても、撮影箇所から見たら、ただの割れ目を超えた程度にしか見えないんじゃ、ソレマデヨなんすよね。緊張感とか、困難さって、どうやって撮ればイイんやろ?

まぁ、どちらにしても、俺は1080が出来ねーから、だから、その代わりと言っちゃなんだけど、こーゆー所で、こーゆー事しんと、画が残せないのでねw。軽い気持ちで、こうゆうー事してると、何十回に一回は「シ」かも。じゃぁ、軽い気持ちじゃなければイイのかって言うと、…うむ~...。どちらにしても、規模の小せー話しかも。
スポンサーサイト

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月29日

●滑一〇〇 * Norikura

今回の試みは、初めての事が多く、惑いや変更が有ったが、まぁ、今回も、自分なりの低次元な収穫は有った。ので、…良し。以下長文駄文。



090526-1.jpg

予定は三本滝~鳥居尾根~位ヶ原~剣ヶ峰の約5時間の登程だった。事前に情報収集をしたつもりだったが、全く物事が思い道理に運ばねー。

三本滝~鳥居尾根まで、通常約40分。しかし、倒木と登山道の抜け落ちにより、60分掛かっても、未だ尾根に出ることすら出来ねー。

途中、滝が少し垣間見え、マイナスイオンを感じ、奮起するが…道なき道をスノーボードのブーツでこれ以上先へ進む事は時間と体力を浪費し、更に、自分の実力以上に危険と判断し、引き返す事にした。…が既に、先へ進み過ぎており、引き返しの降りは、登り以上にさらに危険だった。その時点で、判断が甘めー。

090526-6.jpg

090526-5.jpg

090526-4.jpg

後から知った事だが、三本滝~鳥居尾根は倒木の為、通行禁止だった。案内看板は後から確認した。登ってみて気付いた事は、装備が違うと、全く登れネーって事。樹林帯と雪原のミックス登坂は、俺にはまだ無理だと感じた。

幾種類の登坂方法を覚えないといけねーようだと感じた。しかし、夏山に興味は余り持てない。



10:58発、三本滝~位ヶ原山荘へのバスに間に合うように、急いで降った。バスに乗る事は出来たが、時間に追われる山行は全く面白くネーし、危ネーと思った。

位ヶ原山荘に11:30過ぎに着き、登山届けを書き、ビーコンのチェックや、装備の確認と準備をし、ようやく雪山に登れる♪

しかし、ここでも、時間に追われる。14:56発、位ヶ原山荘~三本滝行のバスに野良ネーと、蛙事が出来ネーって事。っと言う事は、山頂を14:30には出ネーと逝けねーって事。…で、2時間30分程で、山荘から、剣ヶ峰まで登らなきゃ行けねーみたいな事になってきた。



090526-2-1.jpg
携帯

ルートをもう一度確認し、自分の実力でも行けそうな所を選びながら登った。自分が登れるラインで、かつ、早く登れて、更に安全なライン…。

ラインを考えながら登るって…俺は楽しい。単独だから、余計に慎重に考えた。“ 無理なら辞める ”を心掛けながら…。

素人なりにラインを考えならが、かつ、山へ来る前に読んだ歩行方法等も試した。初心者向きの方法なのだろうけど、読んで知っているだけと、実際にやってみるのとでは、訳が違うねw。

急斜面で有効な歩き方だとしても、雪質よって逆効果だったり、深雪で有効でも、深ザラメには不向きだったり。まぁ、色々やって、良し悪しを知って、ボチボチ修行しながら、登った。

…ただね、毎回、摩利支天岳の山頂と同じ標高辺りから、脳味噌に空気が行かなくなって、クラクラして、キモティよくなるので、まともな判断で行けなくて、逝きそうになる時が有る。そーゆー時は、大きく深呼吸をして、余計にくらくらして更にキモティヨイw。



090526-3.jpg

途中、7月完全開通予定のエコーラインの除雪を撮影した。時間はネーが、迫力を感じたので時間を割いた。写真は辞められネー。

大体これで、高さは7~8メートルくらいなんじゃねーかな。中学生の頃、乗鞍でスキーの練習をしまくっていた頃、調子に乗って、落ちた事が有る。相当イタイっす。



14:10分頃山頂に着いた。思ったよりも早く登頂出来た。自分が直登してきたラインを見て、チョイ嬉しかった。左目は余り悪くないので、かなり遠くから、自分の足跡が、今ココに立っている所まで続いているのが見えた。やはり、チョイ嬉しい♪。

恐らく、カロリーが必要になると予想し、タイムリーで買ったフランクフルトだったが、不味い。冷えても上手い揚物って、なんやろ?唐揚げ?

今は無理やけど、いつか、山行に“ 無駄な物 ”を持参し、楽しみたい。ミニノートパソコンとかw。



妄想もそこそこにし、直ぐに、滑走の準備を整え降った。剣が峰(3026m)から位ヶ原山荘(2350m)のダウンヒルは、ものの数分で終わった。それでも、その数分は、格別やねw。

最初は、その数分の為に雪山へ、皆は登っておるのだろうと思っていたが、どうも、そういうもんでもネーらしく、それ以外にも、雪山登山の魅力は有るっぽい。

しかし、それでも、まだ山登りの醍醐味には、触れてはイネー気がする。登って滑って気持ちイイだけで、強い満足感はねーな。皆は本当はもっと強い満足感を味わえるんじゃネーかって思ってしまう。カナダで滑ったほうが楽しくないか?

ぁ、あと、今回、今季100発目♪今年は俺のスノーボードの何が成長したんやろーか?

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月22日

●滑〇九九 * Norikura

二回目の乗鞍岳…ピーカン♪前回、引き返した急斜のトラバースは、クランポン(アイゼン)で余りにも余裕で通過出来た。“ 状況に合った道具を使う ”を覚えた。

090520-4.jpg
携帯版(92kb)

棘(トゲ)が着いているって素晴らしい。ハイクが兎に角早く、一定の速度で登れる。“ 登る ”行為自体を、俺は楽しいと思うようにさえ変化してきた。



剣ヶ峰に10時に登頂した。ガスが薄く、御岳方面までくっきりと眺めることが出来た。チャオのイーストコースには、まだ雪が残っておる様子まで伺えた。

090520-5.jpg
携帯版(95kb)

手ごろな登山と言われる乗鞍岳だけど、素人の俺には、これくれーが丁度良いし、その手軽さの割りに、手応えの有る滑りが望める。



090520-3.jpg

剣ヶ峰から大日岳側の裾野に…、ナチュラルボール!こうゆーの、出来るんやねー。実は至る所に、マニアックなGスポットを垣間見る事が出来る。自分なりの発想で地形を読み取り、快感を味わいてー。



090520-2.jpg

摩利支天岳のコロナ観測所。前回は里見岳側から登頂したが、今回は反対側の朝日岳側から登頂した。20分位の登りだったが、本日3本目の登り返しだったので、そろそろ疲れた。

しかし、やはり、登り切ってからの…眼下に広がる景色と、そして、今から滑るライン…を見ると、ハピーな気持ちになる♪因みに、本日、ハピー3回目w。

090520-1.jpg
携帯版(94kb)



まぁ、…なんていうか、登山とか、バックカントリーとかも含め、スノーボード(スノーライフ又はライフスタイル)として捉え、付き合っているオジチャンとかオバチャンとかジーチャンとかが、俺の中では、ホントウのスノーボーダーやと思うんやけど…どうなんかねー?

少なくとも、俺の周りの人々や、各イベントで見てきた“ 経験豊富そうな ”影響力を持つ人々達は、“ そーゆー事 ”になってるような気がします。

っと言う事で、俺はまさに、未だ、広義でのスノーボードライフの約数パーセントしか、知らねーって事になるので、こりゃー毎日、スノーボードしとっても、50パーセントまで逝くかドウか…?先永し。

※パノラマ加工した画像を携帯で見易くしたつもりが、メモリー不足とか言われる有様。それがどうした。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月17日

●滑〇九八 * Norikura



乗鞍スカイラインの開通日だった。次郎君と今季一番のバスで朴ノ木平駐車場から畳平へ向かった。天気は晴れ。風もほぼ無風。雪質は極上ザラメ。…で、ノートラック♪状態はかなり良い。(画像↑は重い。)



当初、壺足で行ける範囲内で、ジャンプ台を作れそうな場所を探すつもりの予定だった。大体、残雪の乗鞍は、畳平周辺でジャンプ台を作って気持ち良く飛ぶ事が目的の場合が多い。

…のだが、今回、そんな話しを門前さんに話したら、バックカントリーで使用する基本的なツールセットを借りられる事になり、更に、パイルドライバーで、もう1人分貸りる事が出来、壺足では行けそうにも無かった、山頂付近へこの時期に行けるんじゃねーかって、少し期待が持てた。(以下長文)。



もともと、BCに強い興味は無かったのだが、人の気配の無い静かな所や、露骨に自然の地形が残る場所を滑る事はとても好き。だから、スキー場周辺のアラウンドゲレンデと呼ばれる箇所は俺程度にとっては、格好の場所だったのかも。

そこを滑る事や、滑ってこれた事への大きな価値観的なものも無く、何となく、そーゆー裏道的な所を通る事が、ガキの頃に、雪遊びを覚えて依頼、好む。



そんな俺ですが、初めてスノーシューを履いて歩いて感動した…。足が沈まねーし、氷の上でも滑らねー。こりゃー、何処でも行けるわwって思うた。試に、急な所をわざわざ選んで登ってみるが、ハッキリ言って、「超余裕」。

…で、まずは“ジャンプ台”の作れそうなポイントを探すつもりで、富士見岳に登り、乗鞍岳山麓を見渡す事にした。……10分程で登れた。ベテラン様を始め、知っている方々にとっては、別に凄い事では無いのだろうが、雪で覆われたそこそこの急斜面を壺で登っていた頃に対し、スノーシューは直登で10分足らず。道具って凄い。

富士見岳の山頂から見る景色が好き。俺は山の事は解らんけど、綺麗な山の山頂に立っても、その山の姿は見えねーが、反対側からその山を見れば、まぁ、見えるわな。理屈っぽいが、富士見岳からは、贅沢にも、綺麗な山々が、360度、全て見渡せる位置に有る。しかも、バス停から、30分も掛からずに…。スノーシューなら、もっと短じけー。



富士見岳(2,817m)の山頂から畳平方面を見て、恵比寿岳(2,831m)、里見岳(2,824m)、コロナ観測所の有る摩利支天岳(2,872m)、朝日岳(2,975m)、そして乗鞍岳の主峰の剣ヶ峰(3,026m)が行けそうで、かつ、滑れそうな斜面に見えた。

開山日と言う事もあり、全ての斜面にトラックは無い。唯一、薄っすらと、開山前にエキスパートが残して行ったシュプールが、猫に引っかかれた蚯蚓(ミミズ)腫れの様に薄っすらと残るのみ。

ポイントを捜しに来たつもりが、こんな景色を見てしまうと、“登って滑る”をしたくなる。しかも、登れる道具が足元に有る訳だしw。ジャンプ台を作るポイントは、何箇所か抑えられたので、次は、“登って滑る”事にした。



“登って滑る”を決め、早々に挫折した…。調子コイテ、どこでも行けると思い込んだスノーシューで、急斜面をトラバースし、滑落しそうになった。

開山初日と言う事もあり、トラバースのラインがまだ薄く、面つるに近い状態だったのだが、まぁ、スノーシューで急斜のトラバースは出来ねーって事を知らねーって事だった。

アイゼンを履いてる方々は、軽快に安定し進むのに対し、俺は30cm進むのに、最初は5秒掛かった。しかも、一歩一歩、滑落の危険が付きまとう。後半、そこそこ歩けるようにはなったが、毛の生えた程度で、しかも、危険度に変りは無かった。

……迷ったが、引き返した。肩の小屋手前のトラバポイント…。剣ヶ峰が目前に広がる所。悔しいし、情けないし、勿体無い気持ちを覚えたが、“行ける所まで行く”的な行動目標は果せている。逝ってまってもしょうがねー。平地に戻れた時の安堵感ってないねw。これも経験。これを覚える事も、今回の目的。

090515-1.jpg

090515-2.jpg

ここ↑で引き返した。目の前に朝日岳と剣ヶ峰が見える。クライミングって、目的地が見えると、力が湧く。この湧き上がった力を別の行動に使おうw。



スノーシューでトラバースは難しいが、直登は比較的簡単にイケルって事を“覚えた”。コロナ観測所のある摩利支天岳の畳平側を登るが、そこそこの急斜なのだが…楽勝で登れるw。

…が、調子に乗って登り過ぎると、・・・戻れなくなる。急斜面でスノーシューを履いての降りは、かなり困難。経った一歩が戻れない。これは、文章じゃ伝えられないかも。やってみりゃー解る。スノーシューで急斜面での降りは困難って事を“覚えた”。

戻れないので先へ先へと四つん這いで進む。どんどんどんどん上へ上がり、最終的に立つ事の出来ない斜度へ到達した…。そこで、雪を堀り、なんとか立てるスペースを作ること15分、立つことは出来たが、四つん這いから振り向いた時に、眼下に広がる落差がリアルで、…足が竦んだ。

090515-4.jpg

だがね…、山登りは下手でも、素人ながらにビビリながらでも、俺が登った斜面を、俺が滑るって言う、シチュエーションには、もしかしたら、価値が有るかも…って事に、少し思い入れを持てたかもしれねーなー。数十分を数秒足らずで…マスターベーショソに、近い。



スノーボードが上手いって…、どうも滑りだけじゃねーみてーな気になるのだが、上手い人々はどんな気持ちで、こういう所で滑るんやろー?…等と、若干まだ軽い高山病が逆に気持ち良い。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月11日

●滑〇九七 * Last Ciao

090510.jpg

仕事前にプラット…今日がCIAO LAST DAY。よく通った方じゃねーかな。今年は3月も初旬から通い始めた。想像以上の雪質に出会う事がここでは出来た。

地形がナルイく、パーク規模も小さく、シーズン中は「楽しくない」で有名なチャオだったが、俺は俺で俺なりの楽しみ方を模索し続けた。

その甲斐あって、俺はチャオを面白いと感じるまでに成長できた…んじゃねーかなっと思う。それは、自分のスキルの成長なのか、経験の蓄積なのかどうかは、不明だが、充実感“的”な感覚は、感じる。

勿論、4月中旬からの、チャオに皆が集まり始めてからの期間は、楽しくてショウガネー感じ♪だった。

あまり、思い出写真は撮りませんが…帰り際、ハピーな顔ぶれに擦れ違ったので…♪写した面々はホンの一部!毎回、皆と写真とってたら、滑る時間が無くなってしまう^^♪

※写真は潰し加工しています。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月11日

●滑〇九六 * Ciao

090509.jpg

雪解けマクッタ。気温は25度超。雲ヒトツ無い晴れた空は青過ぎて、太陽が近すぎて、雪が雪でいられる時間はもう僅かしかなかった。

しかし、イコール、シーズン終了でもなく、また、始まりでもなくw、エンドレスループで続くスノゥライフに疲れてる暇もねーっすね。…等と渇を入れる。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月08日

●滑〇九五 * Ciao



濃霧の中、凄げー危ねー滑り。滑る相手に、チョッカイ出して、笑い過ぎて、コメカミ痛くなって、ロープに絡まって、川に落ちそうになって、…で、本当に、霧が濃いから、誰にも見つからずに、何処でも行けちゃうねw。霧隠れの術。



営業日も残り少ねーのに、板買うので、オーマイガwテンション上がった↑↑。で、朝、鰯君からメール貰いました。「今日はオフですか?」。……オフです♪。

鰯君、こないだがラストって言っちゃってるくせに、また来るんだもんなー。好きなんやなー。テンション上がるなー。更に次郎君も来るっていうし、もう余計に、↑↑↑る系やねー。





鳥嫁が家ですき焼きをやわっていてくれた。俺んちは…俺は、お客さんには、すき焼きがスタイルです。曲げられねーです。 エ バ ラ スタイルです。

マタリと今季の思い出話。来期への妄想。いい時間をアリガトウ~♪一生絡みましょう。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月04日

●滑〇九四 * Ciao

今日はそこそこ良かった。そこそこ滑れたって事。調子の悪い時は、やっぱ、寝て起きるまで、リセットされんなー。で、寝て起きたら、まぁ、そこそこ滑れたと思われ。ある種、執念深く山へ行く事が大事。容易に山へ行ける環境下に有るだけ、俺はまだマシと思いたい。マシと思えば、夜勤前・多忙日・疲労とか関係無く考えられる☆。薀蓄(ウンチク)はさておき、ビーオーエックスがオモシレー♪ダンダンってやつw(イミフ)。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月03日

●滑〇九三 * CiaOhMyGod

20090503185822


久々に滑りの調子が悪りー日をカマして来た。

何をやっても上手くいかねーわけでもねーのだが、  ジ  ヤ  ン  プ   が上手くいかねーと、テンション下がるね。

走る走らねー以前に、板に乗れないのだが、理由が…解らん。

解らんまま、今日は私事で、早々に帰るのだが、気分が良くはねーなー。

写真はハバネロ。大体、今は、そんな感じの気分。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年05月02日

●滑〇九二 * Ciao



090501-2.jpg

皐月の壱発目ですが、今が桜の見頃。花見…今年も出来なかったので、思わず車を留めて見惚れていたら、眠ったzzz。夜勤明けで滑ると、脳が…。



板とブーツだけ、最低有れば滑れるっと言う認識から、本当に、板とブーツ程度しか、車に入っておらず、色んな物を忘れたので、借りて滑った。人々は、ゃさしぃ…。

流石にシャバ雪で板は走しらねーみてーだったけど、ヨッシー君から、“未だに”借り続けている、マービンLIB Tech Banana…結構走る。本当に走るので、走らねー人々は、一度試してみてはどうかね?ワックス等、手入れは、確りしての話ですよw。



今日も色々、会得できた。ただそれだけで、生きてる感じがする♪

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月28日

●滑〇九一 * On Road

パウダーでした☆。山へ行く途中に有る、高根ダムの辺から、霙(ミゾレ)が、ぱらつき始めた。風も吹いており、植樹されておる、その辺の桜の花びらも舞っていた。…最高じゃないですか。

ヨッシー君と相乗りで朝一♪着いたら麓(フモト)で既に10~20㌢は有る。…ハシャゲルね。ハシャギ杉手、センターハウスまでに治り掛けの右手を二回つまづいて転倒し強打した。しかし、既に脳内で痛みを感じる事は無かった。



山頂の積雪を期待して上がったが、“膝(ヒザ)”…までは無かった。“脛(スネ)”と言った所か。それでも、それなりに↑るし、まさか、Bananaをパウダーで試す事が出来るとは思っていなかったので、余計に↑る。

まずは、ク口一ズした斜面で試した。積雪が薄いせいも有るが、ノーズが浮き易い感触を得た。浮く感覚も有る気はしたが、パウダーで速度が上がる板かどうかまでは、解らんかった。



次に、いつも行く通称:集合場所へ抜けるラインへ行った。…流石、林の中。雪、イイ!走るね。林を抜けて、ゲレへ戻る途中に300㍍程の直線道路が有るんだけど、丁度、日陰で、雪が20㌢程一面に残っていた。

ヨッシー君と、今日はここで撮影しましょうって事にしました。そこで、なにをやっていたかと言うと、前から、やってみたかった事。……車に引っ張られるやつ♪



これはヤヴァイね☆顔がマジになるw。ウェイクライクな感じ。最初は10㌔でも早く感じたけど、なれれば、どんどんスピードを欲するようになり、最終的には50㌔OVER…w。これ以上は、本当にヤヴァイので、止めた。知らないうちに、右手が痛くなくなっていた。握力も無くなってしまった。

ウェイクやってる人は、何㌔くらいで水上を滑っているんやろー?80㌔~100㌔くれーかな?それくれーねーと、広い所では、スピード感は味わえねーかも。

アスファルトが見え隠れする幅7㍍程の道路では、50㌔も出れば、楽勝に脳内エキサイトでハァハァ出来る♪



なかなか、良い映像が撮れたと思う。マッケンも攻めていた。俺も攻めた。寺下さんが車内からイイ写真を撮ってくれるので、格好を付けてしまうw。



この日は、鰯君や新蔵さんにも山で会えた♪サプライズやったねー。この人等は本当に…変態的に、山が好きなんやねー。曳きますw。しかし、見ていて楽すぃ。総じて最高ヤネ☆

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月22日

●滑〇八九 * Ciao

夜勤明け。今日もバックサイド540中心…。シーズン中、パウダー着地を意識していた為、バックサイド540の着地がテールに大きく乗って着地する癖が抜けなく、それはそれで、パウダーの時は良かったのだが、パークのジャンプ台での固いランディングでは、弾かれたり、ドライブしてしまったりし、まっつぁく、良くない。

バックサイド540は、とても好きなトリックなのにも関わらず、いざ、キッカーだと、敬遠してしまいがちになる。そのくせ、好みの地形を見つけると、ホボ必ず挑戦している…自分にとっては、とても遊び要素の強い位置付けにあるのかも。

ナンダカンダと、"自分なりの"基本に立ち返り、今日もプリプリ廻すが、そこそこ調子も良い。しかし、グラービーなエアーは出来んねー。

抜けはいいかも。しかし、飛び過ぎる事が多く、着地が耐えられない。どんな着地も耐えられるように着力を付けたい。じゃねーと、また、いつか、今日みたいに、Boo鼻血Manになるかもしれねーのでw。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月20日

●滑〇八八 * Side road

濁へ通じる道から、少し入った所にある残雪で撮影した。結論から言うと、まぁまぁ動画は残せた…が、一番残したいと思っていた画は出来ず、何となく、敗北感が有る。

今回は、キッカーは壊さず、次回も使えそうなら、使うかも。次は、23日!それまで、雪とか解けんで欲しいね☆。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月15日

●滑〇八四 * Around R361

8821[1]
f857[1]

濁へ通じる道の路肩。良い地形だったので、そこにキッカーとウォールを作り撮影した。(*携帯の縮小じゃ、ちょっと見辛い鴨。)

今回使った地形は、下の写真。写真の右側の窪み(クボミ)なんて、ソソラレルことね?

しかし、結局その地形は使われず、その窪みの左側が落ち系になっており、そこに、UP系のキッカーを作り、撮影をした。そして、俺の足元には…ヨッシー君から借りた、 バ ナ ナ が…w♪

あと、上の写真の左側に見えるガードレールなんて…ソソラレね?次は、そこでかましましょうね☆。みなさん。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月11日

●滑〇八二 * Ciao


懲りずに撮影。今回はログ・コブ・キャブと、多彩に撮った。どちらかと言うと、ログとコブがメインw。パークの映像よりも、ログ等の方が撮っていても、後から視ても、俺は好きやな~。

図はジロウクン。天気が良くて最高ですねー。あと、コブ…。今時分の中で流行のピークを迎えようとしています。こんな所にも、気持ちのイイ重力場が有ったとは、俺の目は節穴でした。うむ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月09日

●滑〇八一 * Ciao

パークは撮るつもりは無かったけど、念のためジャンプだけ撮っとく事にした。…ので、今日は、F/Sを中心に撮った。明日はCabを中心に撮りたい。疲れた。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月07日

●滑〇八〇 * Ciao

夜勤前チャオ。キッカーの縁(ヘリ)で撮影した。上手く出来ねーもんだなと、少し凹んだ。
2009年04月06日

●滑〇七九 * Ciao

仕事前チャオ。場外がそこそこ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月05日

●滑〇七八 * HKSG

終わった河合で撮影。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年04月01日

●滑〇七六 * Foreststyle2009

菅平ダボス@3/29。そこで、俺は1年待ったGreen.lab Foreststyle。こいつには行っときたかった~。恐らく、俺のスノボちゃんライフの幅が広がる…のではネーかと言う想いが有った。





スノーボードカルチャーの本流から少し外れたサブカルティックな世界。それは、少数派にとても強く影響を及ぼし支持される傾向にある気がする。

本来の「FAN」をそこに見出したとし、イイ意味で抜けられない。

速いナガレよりも揺ったりとしたナガレを好む。

本流に生じる必然的な疑問や挫折から逃れ、亜流でその答えを見出す。

意味も解らず、人との違いのみに、「何となく」の格好付けで、価値感を感じる。

若干、想像と妄想入ってますが…w、賛否気にせず、この辺が、俺が抱いておる、こーゆー世界のイメージで、そして、理由です。

上手い人が楽しいのか。楽しければ正しいのか。最近、ちょっとYESが解らなくなってますが、それは、陽気が良いせいだからなんやと思う。恐らく、どうでも良い事なのかも。

ただ、考え続け、感じ続け…ておく事は、イイ。そして、練習もw。やっぱ、上手く楽しい…が、もっとも正しい。…の鴨。キャーキャー言われるくれー、ウメー方が、正しい(ぉ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月31日

●滑〇七五 * Hida Takayama

28172103_8785721[1]
@3/28。動画撮ってました。今日のメンツは久々のジロゥ君と鳥嫁。なかなか、素人同士にしては、今回はイイ滑りも出来たし、撮りも良かった!

いつも、動画撮りに関しては、トーシロに毛の生えた程度なのにもかかわらず、しょうもネーこだわりで、カメラ撮ってる人々と口喧嘩になってしう。プロじゃねーのにね^^。

それでも、そこそこ、イイのが撮れると、ウレシイっす♪やで、正直なところ、辞められねーし、もうちょっと撮っていきたいと思う。

っにしても、今回は、ジロゥ君と共に、体を張った動画撮りな感じでした。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月27日

●滑〇七四 * Bowl

ようやくの…ボールでした♪動画は後日。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月26日

●滑〇七三 * Whitepia

夜勤前。攻め攻め。切れ斬れ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月25日

●滑〇七二 * Whitepia

雨上がりの過酷な地形にHIT!

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月22日

●滑〇七一 * Whitepia

豪  雨  ! 最高じゃないですか!最高の降りっぷりデス。朝からまんまと降り続いていました。因みに、俺の夜勤も全く終わる事も無く、結局3時間程の残業後、それでも本日のボゥルイベント「Natural Reaction Laboratory 02」が楽しみで楽しみで…その半日の為に、一年間待ってました。

あの、半球面の内側に高速で当て込み、心材のウッドが粘っこく撓り(シナリ)、その際、刹那で足裏に伝わる重力が忘れられねー。あれは、毒だ。重力最高!

だから、一生懸命仕事終わらせて、鳥嫁と一緒に、高速道路、ぶっ飛ばしあおりまくりまくって、スノーパークまで向かったけど、途中で、中止の℡を受けましたw。

・・・まぁ、しょうがねー。天気のやることやし。また来年作って貰って楽しむさぁ♪残念。ボールの最深部に雨水がたまり撒くって、ウォーターみてーになってたら、面白れーなーって思ってたけど、それを確認する事はなかった。うむ。



さて、どうするか…。実は、ココからが、本日の最高の出来事♪

俺は、そのまま、一ヶ月鰤位にホワイトピアへ向かいました。当然滑るつもりです。

まぁ、この雨天、スノーボーディングする人々はイネーと思うが、どうせなら、本当にイネーくれーの所がイイ。

それで、雨で解けたパークの残骸や、地形がむき出しになってる所に、フイーと、イントゥー出来そうな、ホワイトピアにしました。

やけど、着いてみたら、珍しい人々達が…。彼らとは、殆ど、滑るのが久久やったと思う。

元ディガーのイマケン隊長・ケンタ・タカオ。元スクールのキリヤマダキリオ。元スタッフのヌノーダクン…。他にもノリクンや鬼頭さんとか久久。同じ時期に同じ場所で無茶してた方々w。私生活まで無理有ったかも。

思わずハグですよ。ANDハイタッチ♪イマケン隊長が「早く着替えてきてくださいよ」だってw。最高です。今日が最高のライディングにならねーワケねー。

滑りは、無茶苦茶w。セメセメでキレキレ。俺が俺がでイケイケMODEだね。なんか、オレンジ色の棒とか倒し捲くり。なんか、そこら辺の物に当たり散らかし捲くり。どこもかしこも、好き勝手に…フリーダムアウトローに滑り散らかしてやった。

そんなんやもんで、クラーーーッシュ!俺とイマケン隊長…、雪の無いところまで吹っ飛んで、流血騒ぎ出した。隊長ゴメンね。でも……、最高に面白しれかった。岩の上、転がると、超イタイ!二人で、体を摩りながら、パトで止血して、笑って終了。

image

最高じゃないですか♪俺は、コレでもイイと思う。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月19日

●滑〇六九 * Bowl


夜勤明け。虚ろに成り逝く眠気の中で掘(彫)って参りました。ボールの造形。去年よりも少し要領が知っておるので、何をすればいいのか、なんとなーく解るんだけど、自信はねぇ。

最高な人々の中に、俺が混じっているのは、何だかオカシイ。憧れの人々の前で関係無く変態的な会話に花を咲かせ、自分がドンだけ普通な人間だったかに、気付かされる。嗚呼、俺って堅気なんだって思う。

今日の作業はオシマイ。最後にバス団地でコーヒー頂きながらDVD視て一服。最高でした。しかし眠みぃ。夢心地。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月18日

●予定 * SCHEDULE

19:Natural Reaction Lab (Pre) @ TAKASU
20:Rome Stoken @ ITOSHIRO
22:Natural Reaction Lab @ TAKASU
28:Trip @ Nozawa
29:Green.Lab Foreststyle @ SUGADAIRA

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月18日

●滑〇六八 * NIGORIGO

夜勤前…。濁河でした。気合…入れて掛かりました。何故なら…、前日からiwashiさんクルーが高山にいるから。更に、フジタクンも合流。そしてRK。俺は、この人らと滑るのが好きだ!

ぁぁ…最高じゃないですか。この面子…。手ぇ、抜くわけにはイカネー。全力でイキます。「俺が俺が」で逝きました。


090317-3.jpg

090317-4.jpg

090317-5.jpg

090317-2.jpg



天気も雪も良かった。状態は良い方。昔は、それで喜んで十分だった。…んだけど、ニセコをやってから、少し何か変わってしまった。

たった一週間しか居なかったのに、そこで得た大きな経験が、ここで小さな虚空をたまに感じる。…ツマラナイ。っと感じる瞬間を、そこそこの頻度で感じる。

まぁ、贅沢病…w。だけど、あっちの方が、“テゴロ”で“オイシイ”。こっちは、テゴロじゃねーし、オイシク無い時も結構ある。



俺の行くゲレンデはロープとネットで囲われの身。アゲルはずの放送は煩い。朝弱いのに朝じゃないとノートラ・ピステン無い。俺がやる事といえば、キッカーにボックスにレールに…。

飛びがシブイとか、シブイだけじゃ、点数でないとか。予選通過したとかしないとか。それって楽しいことやったっけ?いや、楽しかった事でもある。それは事実。必要なことでも有る。



板のソールの材質とか、心材とか…グラフィックの意味とか…。考える事…しなくなった。カンパニーのコンセプトとか。なんで、それ作ったのか?っとか。そして辞めたのか…っとか。

なんで、ここでショップを開いたり、ここで長い間働いたり、ジャンプ台作ったり、イベントしたり、映像残したり…してるんや?

そゆこと、もう考えんくなって、ただ、同じ事ばかり続けるようになって、やればやったで、少しは上手くなって、しかし、中途半端に記録にも記憶に残らず、そして怪我して治して、また怪我して、板折って買って保険使って、また買って…。これらは最高じゃネー。



浅はかに楽しんでいるようで、もしそうなら、それは良くない。それで有ってるならそれでも良いけど、どうもそうじゃネー感じw。上手い人たちは何を考えて感じて楽しんでるんやろー?俺よりも楽しんでるんやろか?

なーんてことを、リフトに乗りながら考えつづけて、まぁ、答えも出ずまま、午前中終わり。そして仕事へ向かう…。

しかし、なんとなーく、濁河へ来たことは、良かった事やったと思う。久久のタノスィを感じれた。Thanx All !! うむ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月17日

●滑〇六七 * STREET

先日ストリートで撮影をした。比較的イージーなロケーションだったけど、危ないのも幾つかやらかした。山とは別。トロトロやってたら、絶対怪我をする。心に刻もう。

天気が良かったので、御岳方面で滑った後、ロケハンし、再度、ポイントで撮影した。一日撮影に協力してくれたセギチャンにはTHANX!!

20090317214705.jpg

家に帰って、鳥嫁に腹が減って動けないと伝えたら、焼肉が出てきた。喰いまわした。ウマイウマイ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2009年03月09日

●滑〇六四 * CIAO

シーズン券を買いました。今年も宜しくお願いします。出来るなら、キッカーは出来るだけアップ系でお願いします。ランディングの傾斜角も念のため急な感じでお願いします。あと、怪我したらお願いします。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。