--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月26日

●入院最終日

  退院の日。点滴を打ってから、とっとと家にかえりてー。な感じで、やっぱ、ここはリゾートホテルではなくて、ビョーインで、ここにおるとおかしくなってまう。おかしくなってまいそうな俺を、面会で来た人や、入院を知ってる人から、慰められ、勇気付けられ、応援され、メール貰って、実は俺なりに闘病してきた。気持ちは、結構惨敗で、尻尾巻いて逃げるように、病院を後にした。担当医からは3月中旬まで入院を勧められたが、会社に恩義はねーが、職場の仲間には迷惑はやっぱ掛けれんし、看護婦の困った顔を見て見ぬ振りして、出てきた。
  骨の具合は思ったより悪く、絶対安静で、実は肩の感覚が無い。それでも、次の日からは、夜勤で。体は痛てーが、それより、他ん所が痛てー。
スポンサーサイト

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月25日

●入院参発目

  なーんも、やることなかった。足は動くもんで、タバコばっか吸いに行って、腹が減ったら、近くの店まで買い物に行って、個室に移動したので、人に気を使うこともなく、TVで"鬼平犯科帳"に涙して、ベッドの上で、グラトリのイメトレして…。そ れ で も 暇。窓から、雪が見えるのに、山にいねー俺は殆ど、無意味な存在で。有得なくて。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月24日

●入院弐発目

  手術。で、初全身麻酔。相当楽しみだった。朝6時から起きて、何もすることなくて、外行ってタバコ吸って、戻って、本読んで、で、また外行って。そうこうして昼になって、面会人とかと話したりして、で、16時から手術…。ストレッチャーに乗せられて、手術室まで運ばれる時の映像は、色濃く脳裏に焼きついてるなー。天井が勝手に動いてる感じで、専用のエレベーターの乗せられて、気づいたら手術室にいて…。なんか、病院の人、手馴れた感じで、俺なんか気分はモルモットで。
  全身麻酔。聞いた話によると、打たれて、3秒数えると、意識が薄くなって、気づいたら、病室に戻ってた。なんて聞くけど、どんな感じなんか、もうワクワクで「早く薬打ってクレーっ」て感じで。打たれて、腕に冷たいものが入ってきて、で、瞬きしたら、映像が一瞬でボヤケてきて、そしたら、誰かが「眠くなるからねー」っとか言って、眠くなるのを必死で堪えて、1・2・3…21秒まで数えたのは覚えてる。そして、瞼が重くなって、もう開かねー…ドウでも良くなってきて、気持ち良くなって、気づいたら、病室に戻ってた。
  薄暗い病室の中で、面会人がなにやら話してて、俺が起きたのに気づいて、何か話しかけてきたり、担当医が何やら重要なことを俺に言ってる様な気がしたけど、ナ ン ニ モ 覚えてねー。気分はちょっと気持ち悪いくらいで、それが、微妙に気持ち良くて、出来れば、もう一度経験してみたいな感じっス。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月23日

●入院壱発目

  24日に手術をすることになり、検査の為、本日より入院してました。初めての入院で、実は相当ワクワクして、ノーパソやDVD・雑誌とか一杯持って、気分は殆ど旅行気分で…。無駄に私服も多くて…。通された部屋は4人部屋で、ジーちゃんばっかだった。斜め向こうにいた、腰痛で入院中の"秀松"さんと息が合って、闘病生活も、なかなか楽しげなスタートを切れた。とっとと検査を済ませて、持ってきた「オモチャ」で遊んでると、ちらほらと、面会人が尋ねてきたり、入れ替わり、看護婦が話しに来たりで、イメージしてた通り、ちょっと楽しかった。そ れ で も、やっぱ、山に上がれねーこのキモチの沈み様は晴れるわけねー。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月23日

●有得無

  スゲー何か、俺ん中でわった世界観ホント、有り得ねー。テンションアゲアゲ
[[[]]]に到達。もう、なんのコッチャ。兎に角、とっととして、3月の頭にはお山に行く気、MAX。結局、キモチの問題で…。ありがとうな、米。

スレッドテーマ:日記:日記

2006年02月22日

●入院前日夜

只今入院中ニ尽キ、一時更新滞ッテオリマス。御理解下チイ。シタ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月21日

●骨骨骨

  俺、馬鹿やもんで、㌧でもない事を忘れとった一番ココに書かなければ逝けない事って言うか、俺自身が、一生忘れないためにも、ここに書いておかないと、な、って事で、俺は書くよ。

  最初に(ひ)君やなー。第一発見者やし。「立てるか~」ってな感じで駆け寄ってきて、俺も「ョュゥ」っとか言いながら、手を突いたら、なんか右肩が『ムケケケ』って鳴った。3秒ほどで、肩がパンパンに膨れて、折れたなーって思った。(ひ)君がパト呼びに行って、また、下からハイクして登ってきて、俺はスノーモービルに乗せられて、されるがまま、休日の混雑したセンターハウスの前を、歩いたほうがハエンジャネ?的なスピードで連れられて、痛いやら、恥ずかしいやらで…。パト室の前に(や)君が待ってて、俺なんか痛いの隠して、「ョュゥ」なんて言っちゃって、顔見知りのディガーさんら出て来てて「あれー」なんて言われて、また「ョュゥ」なんて言って…ホント、正直セッパツマッテマスタ。

  折角の休日。社会人の休日って、か な り 重要なワケで、そこんとこを俺なんかの為に、潰しちゃってスマン!高鷲の接骨院まで(ひ)君が連れてってくれて、そこで肩ハメテ、さらに、(ひ)君と(や)君が高山の久美愛病院まで代行してくれて、岐阜の人なのに…。俺の診察が終わるまで、待っててくれて&家まで送ってくれて…。んで、俺んちで、飯食って、酒飲んで、風呂入って…、何故か(や)君、俺の親父(オヤジ)とバイクの話で意気投合して、焼酎飲みまくって、ベロベロで、そんなん見てて、俺が嬉しくて。あの二人が、俺んちに居るのが…。帰るとき、ベロッベロに成りながら、「山で待っとるでね」っとか言われて。「ョュゥ」っとか言いながら、半べそやし俺。

  いろんな人にメール送った。俺が今ドンナ辛いか知って貰いたくて。あまりにも、自分本位無頓着でキャパ知れるワナー。でも、ミンナ心配してくれたり、元気付けてくれたり…。ホント、俺なんか小さい人間なのに、ドショモネーわ。今回の夜勤の相棒のマツンは俺の仕事殆どやってくれるし、ナツは俺の上着着るの手伝ってくれたし、イネチャンは俺の感情を親身に宥(なだ)めてくれたし、マノッツィは俺の愚痴に辛口で的を得た事言って温かけかったし、主任・課長・部長・常務共々、気を使ってくれて、勤務割を替わってくれたり、仕事減らしたりして、「あー人間の中に俺はいるんだなー」って思った。

  最近、妙に涙もろい。んで、今日も車ん中で、そんなことを思い出しながら、号泣&感謝で帰宅。骨、折らんかったら、こんな事には、一生…気付かなかった。大虚者(おおうつけもの)のままで終わる所やった。ミンナのチョットヅツが俺を1日づつ生かしてくれる。俺もそゆのの一人に成ってみてー。

  スノーボードから派生したハプニングが、俺の"小さい"を、また少し"大きい"にしてくれた。マジァザース。人。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月20日

●骨骨 

  いきなり大事なものを持っていかれた感じがする。とっとと、俺を山に連れてけよ…。あそこに行かんと、生きてても意味ねー。ってなもんで、ヤンチャこいてた…。高鷲接骨院で外れた肩を入れ貰って、久美愛病院で急患で診察+レントゲン撮って、骨折と分かったときから、ずっとそう思ってる。即、入院と言われたが、それは無理…。会社がある。会社にも仲間がいて、そいつ等にも予定があって、予定が狂うことは、非常にマンドクサイ事で、別段、会社に忠義や責任は無いが、その人たちへは迷惑はカケレン。そゆとこは曲げれん。っと言った強情があって、今、仕事中なワケで、入院は23日にして貰って、それまでは、骨が折れててようが、肩が外れてようが、泣き言を言わずにハタラキマスよっと。体がイテーのなんか、ハッキリ言って何ともねー。それより、明日、お山に居ない俺がイテー。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月19日

●骨  

  骨折った…。イタイ。体の痛みなんかどうってことないわ。それ以外のモノがイタイ。タダヒタスラニ…。

hone

  右鎖骨骨折…。画中では左側かな。鎖骨の外側の根元から折れたみたいで、肩も一緒に外れてて、妙に肩が窪んでいる。指と肘は動くので、靭帯は切れてないみたいだが、腕は暫く(しばらく)上がらねー。当然、グラブも出来ねー。今は、ブログを書く気も起きねー。何で、こんな事になるんや?
2006年02月14日

●夜勤明御岳

  キタ---!!って感じっすよ!廻れた。俺の理想的な奴がF3が。「コンナ感じカー」って感じっす。ふんわりの滞空時間。シャキーンのグラブ。余裕のランディング。スゲー気持ちイイ。コンナに気持ちイイのかって位、気持ちイイ。全てはアプローチやったなー。リップに着いたエッジの跡を見ても、ズレはねかった。これがF3なんやなーって。空中で周りの景色が、スゲースローに動いて、なんか、考える時間が有って、「あれ、今俺グラブしとるし次はランディング見んと…」とか思って、ランディング見たら、まだ滞空してて、「もちょっとグラブしとこ」とか思ったりして、そして、ランディングを迎える前に、なんか、嬉しくて、ニヤケてて、着った時は、なんか込上げた。よう遣った俺!吹雪の中、よう遣った俺!この感覚は二度と忘れネー。実際、2本目、3本目と飛んでいたが、そう上手くも逝かず、が、この感覚を覚えているから、何が悪いか分かるし、壁はもう乗り切った!後は、この感覚に近いメイクを数内飛べば、すぐ出来るって言う確信を得た気がした。

  夜勤明けは、身体的に確かにツライ。でも、やっぱ、お山に上がりたい気持ちが、こんなハッピーな気持ちにしてくれる時があるんやもんな。だから止められネー。今日誘ってくれた、吉田に感謝&お山に感謝。ツワーッシタ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月12日

●山篭六発目[弐]

  山篭六発目の弐発目っす。疲れが酷く溜まっている。こんな時は、(や)君お勧めの「アミノバイタル」でアミノ酸を補給して、とっととお山にスタコラで。本日は"半月板損傷"の(や)君が"ビデオマン"率先してしてくれるので、気合入りマクリ。いい絵を残す為に俺が出来ること…は、F3なんやけど、なんか昨日からウダツの上がらねー俺の技術不足のお陰で、そんなテンションじゃない。結局、今日のテンションは練習モードやな。

  (や)君はスゲー。俺の問題点、「抜け」の悪さについて、的確なアドバイスをしてくれる。問題はリップでの重心の位置に尽きるわけで、空中のバランス、着地の決めなんぞ、結局はアプローチに全てがあるわけで、ソコんとこを、集中して逝った。何本か遣っているうちに、ボチボチ良くなって、テンションも上がってーなんて事をしてるうちに、(や)君の方がアゲアゲで、暇つぶし用に買ってきた"ソリ(小)"でキッカーに入る始末…。それを撮る俺。何故か沸くギャラリー。(や)君はスゲー。

  少しずつ、ステップアップしている。次が見えてきたカモ。そんなカンダで、充実しまくって、本日終了。アザッシタ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月11日

●山篭六発目[壱]

  今期六発目!篭って来ました。弐日間でどれだけ成長するのか?一本一本が勝負っす。2日目に(や)君や、(ひ)君たちと合流するので、それまでには、ちょっと成長した俺を見せたくて、必死こいてた。未だ、(や)君は半月板損傷で板も履けず、苦しんでいるのを尻目に、今のうちにアドバンテージをとる為に、所謂(いわゆる)コソレンに勤(いそ)しんでました。今回の俺の目玉はF3。正直、もう仕上げ段階やと思ってた。格好悪りーF3ならいつでも廻れる状態で、今日のうちにスタイルを入れれるようになって、「おー」って言わせたくて、意気込んでいた。。。ガァ、新たな壁にぶち当たって、砕けそうな事実が判明した。
  リップの踏み切りに問題がある。「抜け」が相当ヤヴァイ。今まで気付かなかったが、ハイクしていて、自分がリップを抜けたシュプール(エッジの跡)をよく見ると、ズレテル…。ヒール抜けF3なので、ヒール側のエッジがリップに、シャープに残っているのが、理想なワケで、その理想とかけ離れた「抜け」に意気消沈…。道理で、以前から気を使っていた「フンワリ感」や「飛距離」「高さ」が出ねーワケで。この問題を何とかしないと、キッカーのサイズが上がったら、太刀打ちできねーし、そもそも、見た目が、良くねぃ。スタイルを入れるどころの騒ぎじゃねーし、入れられねぃ。
  そんなかんだで、一日結局、キッカー周りをハイクしてみたが、どうも上手く逝かず、今日のところは「経験値」を少し貯めて終了っした。オツァッシタ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月09日

●事実世界

  キモチが塞がってる時は、キモチを切り替えてってのが世の中の常識なわけで、で、俺は切り替えるット言うニュアンスが、実は理解できないわけで。切り替えるって事は、取り合えず忘れるって事かに?塞がってる理由を乗り越えたほうが、解決してるって事じゃネノカ?まぁ、言葉の使い方なんやろうけど、俺の意識はそんな感じ。切り替えるって事は、切り替え戻ってくるジャン。一瞬バーチャルに浸れって事。乗り越えるって事は、乗り切ったら糞でもネーってことジャン。リアリティー思考って事。
  ッツー事で、とっととお山に上がろう。塞がってるキモチは怪我を招くと信じて、山に上がらず、ヒッキーを決め込んではいましたが、別に体の状態が悪い訳でもないのに、怪我する訳もねー。嫌なこと、辛いことあって、それを認められないのも、ジジツ。良い方へ、物事が転がらんのも、ジジツ。世の中、ジジツだらけで、俺の体が調子良いのもジジツ。(頭悪いのもジジツ。)上手くなる可能性が、まだ残っているなら、とっととヤレルコトしんとなー。ってな感じっす。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月07日

●期待可能性

  死ぬまでには、スノーボード上手くなってタイ。実際、今んとこ、筋肉痛も感じるし、新陳代謝も結構してるw。まだ体は成長してるって事。上手くなれる「可能性」を感ルって事。出来るだけヤル。出来るならヤットク。SEXと同じだワナ。快楽を求めて、することスル。「期待」を込めて、山に上がる。そして快楽を求める。寒くて凍え死にそうで、雨で底冷えってテ、突風で飛ばされてても、ツレーとは感じたことは無いな。むしろ、オモシレー。(あ、霧だけは勘弁。ミエナイカラ…)山に行って、滑れば滑っただけ、上手く成れる、可能性に期待してしまうから、もうヤメレンのだわ。だから何も見えなくなる時は有る。何かを犠牲にする時も有る。誰かにそれを押し付ける事も有る。(仕事を真面目にしないときも有る。)そ れ で も、「ガー」って言いながら、スノーボードしとりたい。死ぬまでには、スノーボード上手くなっとるかもしれんもんで。。。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月06日

●俺的面白味

  で、「俺的」にスノーボードってーのは、早朝から車を走らせ、真剣に技術を高め、例え、でもでも、夜勤明けだろうが、心身ともに虚弱だろうが、やると決めてやっているのなら、ストイックに向き合って逝く事に楽しさを感じるワケで、出来なかったことが、出来るように成る事に、面白みを感じ、中毒感を覚える。なワケで。決して、車でワイワイしながら、昼ごろゲレンデインして、タラタラ滑りながら、「寒いから少し休むね」トカ「お腹が空いたけどご飯ナンニする?」ナーンて事は言わねー。
  で、「俺的」に、一本一本が大切で、重要で、考えて滑れば滑っただけ、上手くなって逝くワケで、リフトの上からは常に上手い奴を探しているし、そうでなければイメトレをしている。只、只、上手く成る事だけを念頭に置き、そして、それがオモシロイ。タノシイ。
  で、「俺的」に、初心者と山に上がる事なんて有り得なく、それどころか、付きっ切りで教えることなんて、まずアリエネー。ダッテオモシロクナイモン。寧ろ、憂鬱に成る。

  そんな中、会社の連中に"スノボ"に誘われた。断り続け、断り切れず、とうとう俺の車で6人。内、女4人。当然騒がしく、当然初体験。俺にとっては未体験。
  お山に着いて、先ずは一式借りて、パス買って、板着けて、リフト乗って、んで降りて…まで1時間。両足着けて、立って、転んで、又立って…滑って、転んで、立って、乗り場まで、2時間。もう昼だし。。

  正直テンションはアガラネー。でも、ちょっと気付いた。こいつら、スゲー真剣に俺の話を聞いてるし、転んでもヘコタレネーし、むしろ、上手くなりてーって言う気持ちがピンピン伝わってくる。雪降ってきて、ゴーグルも持って無いのに、鼻を赤くして、涙目になって、俺の言うことをやろうってしてるその様(ざま)は、分からんことをどんどん聞いてくるその向上心は、俺や俺たちがタノシイっと思っているストイックな部分と全く同じで、教えていて俺がタノシイ。「俺的」な偏見の目が、初心者のイメージを作っていて、俺は適当に滑るヤシと山でアゾブ事を拒否っていただけで、真剣にアソブ奴と一緒に居る事はスゲー楽しい。例え、下手でも、その時間は楽しかった。っつーか、スゲー面白い。俺が楽しくなると、みんなテンションアゲアゲで、もっと楽しくなって、疲れたもんで、ロッジに戻るなんて言わないし、トイレに逝くのも時間がもったいないって言うしまつ。
  なんでもそうだけど、それしか見えてネー状態ってオモシレー状態なんだろうなー。そんな事を感じて、俺が少しそゆ事を理解し、認め、変わってきた、そんな有意義な一日。やっぱ、山はオモスレーしスバラスィー。アザッシタ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月05日

●無駄時間

  モチベーションを上げるってのは、実は重要なんやなと、今頃になってセツに思う。思いまつ。キモチのボルテージは山に付いた時は必ず"0(ゼロ)"からスタートするワケでは無く、道中で、良い雪降って"きょーはパウダー"のニオイを感じると、車ん中で大ハシャギして、山に付いた頃には、+90/100%からイケイケに成れる訳で、そういう時は、調子も良いし、調子もコケル。だから、技術も上がるし、壁も乗り越えられる。逆に、プライヴェートでキモチが下がって、山に付いても、ブーツ履くことすら、ダルクて、-20/100%からのスタートって時は、調子が悪く感じられ、下手になった気持ちになり、調子コイタ事すら出来ない。で、とっとと、尻尾巻いて帰って、収穫なし。これじゃー、やってても意味無いし、時間の無駄で、今までしてきたことすら、否定したみたいで、ホント嫌。
  最近、キモチの下がる事が多い。生きてれば、人間だので浮き沈みが在るワナ。そんな事、知ってて、しかも認めれんくて、ツライ。好きな"お山"で「アソビ」が出来ず、山に行かないといけないって言う、決め事をただ作業的にしてる。お山に、感謝も忘れて。そんな事してると、大抵怪我する。で、右腕伸ばしてまった…。あーあ。って感じっすよ。その辺が、まだスノーボーダーっとして未熟で、人間としてヘタレなんろな。---まだ、俺は脚が動くし、目も見える。アバラも腰も遣ってないので、そこんとこ気合入れて、「ズバー」っとやっとかんと、生きとる意味ネー。です。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月04日

●独反省会

  スノーボーディングはやっぱ、「気持ち」のスポーツで、「気持ち」の持ちようで、上達が早くなったり、ワザも決まって、怪我も少なくなって、むしろ、俺にとっては「アソビ」であり、練習も「アソビ」で、本気な「アソビ」で、今んとこ"ゲーム"や"テレビ"や"交友"や"恋愛"よりも面白くて、たまんね。毎回毎回、テンション上げ上げで逝く。毎回㊤㊤で逝ければイイけど、そう上がる訳にもいかんし、そんな時は、ドリンク飲んで、音楽聴いて、リフトで吼えて、胸叩いて、自分を興奮させる→グラトリで、体を温める→スタート台で息吸って集中する。んで、逝けーって叫んで(叫ばんケド)、リップ越えるまでが勝負で、実際重要。んで、上手く逝った、逝かんで、リフトで"独り反省会"。
  

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2006年02月03日

●三六三昧

  ヌメーっとユッタリ廻れれば、そんないい事ないワナ。俺のF3、ピークが短い。それは、前からずっと口をすっぱくして、言ってる「フンワリ感」が絡んでんじゃないのかな?上手いF3を観てると、小さい5mキッカーでもゆったりしてるし、180廻って、ポーク入れて、自然にビタ着で、俺も、それがしたいわけで。ピークと180が同時来るのが、多分理想形で基本形なんやと思う。そのアト、危なげ無く、自然に廻り合わせてピタ着。
  俺のF3は多分、アプローチに余分な「角度付け」が入っていて、回転力若しくは、廻す事を意識し過ぎて、「ヌメー感」を殺しているのではないのかと思う。だ の で、慌しいエアー+着地にお釣りなんだと思う。何とかしたいワナ。理想は、アプローチは、出来るだけストレートに入りたい。そうしんと、高さ&距離が出ないし、オーリーで蹴る時、フレックスを使えんもんな。今は、フレックスよりも、トーション使ってオーリーしてる感じ。その証拠に、5回に1回は、リップで引っかかる。。。ショボイ。
  自分で理解はしてるが、結局は回数飛ぶことと、アトはキモチの問題やな。高く+遠くへってのは、コエーし、怪我率も高くなるし。そゆの、チョットづつ、引き上げていかんとな。技術より、キモチやな。結果、経験と言うか、体に染み付いた運動神経が、技術を高めるんやろか。ワカランケド。ねなことを、思った一日。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。