FC2ブログ
2006年02月05日

●無駄時間

  モチベーションを上げるってのは、実は重要なんやなと、今頃になってセツに思う。思いまつ。キモチのボルテージは山に付いた時は必ず"0(ゼロ)"からスタートするワケでは無く、道中で、良い雪降って"きょーはパウダー"のニオイを感じると、車ん中で大ハシャギして、山に付いた頃には、+90/100%からイケイケに成れる訳で、そういう時は、調子も良いし、調子もコケル。だから、技術も上がるし、壁も乗り越えられる。逆に、プライヴェートでキモチが下がって、山に付いても、ブーツ履くことすら、ダルクて、-20/100%からのスタートって時は、調子が悪く感じられ、下手になった気持ちになり、調子コイタ事すら出来ない。で、とっとと、尻尾巻いて帰って、収穫なし。これじゃー、やってても意味無いし、時間の無駄で、今までしてきたことすら、否定したみたいで、ホント嫌。
  最近、キモチの下がる事が多い。生きてれば、人間だので浮き沈みが在るワナ。そんな事、知ってて、しかも認めれんくて、ツライ。好きな"お山"で「アソビ」が出来ず、山に行かないといけないって言う、決め事をただ作業的にしてる。お山に、感謝も忘れて。そんな事してると、大抵怪我する。で、右腕伸ばしてまった…。あーあ。って感じっすよ。その辺が、まだスノーボーダーっとして未熟で、人間としてヘタレなんろな。---まだ、俺は脚が動くし、目も見える。アバラも腰も遣ってないので、そこんとこ気合入れて、「ズバー」っとやっとかんと、生きとる意味ネー。です。
スポンサーサイト



スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->