FC2ブログ
2007年04月19日

●夜勤明酷

  日勤や夜勤が続き、御山に行けずにいたが、 二 日 ぶ り に漸く、夜勤明けで行けそうにも拘(カカワ)らず、身体の調子が、5:30頃から悪く、それも、勤務中9:00近くまで続き、今日はヤヴァイかな…等と、怯む(ヒルム)わけだが、本日を逃すと、今後の予定の絡みから、7日間も行けない計算に成り得るので、逃すわけにはイカネ…等と思い、勤務は必要最小限にし、身体の回復に“ノミ”専念し、体力を着実に蓄え始めた。そのかいあって、11:00頃には、御岳まで運転して4時間程は滑るだけの(帰りは考えていない)、体力は回復したと思い、その時点で当然、仕事はソソクサと切り上げ、朧気(オボロゲ)に帰らせてくれーッと言った雰囲気を醸し(カモシ)出しながら、漸く職場から開放された。
  この辺の遣り取りは、非常に難しく、時を誤ると、そのままズルズルと蟻地獄式に残務に追われ、御山どころか、帰宅すら出来ねー状態に陥る、微妙な時間帯であり、また、焦ったり、早まった行動等をとろうものならば、下手をすると、職場での人間関係や信頼関係にまで支障をきたす場合が生じる為、夜勤明けで虚ろ(ウツロ)気な、気力・体力には酷だが、迅速且つ正確な判断力と行動力が求められる。
  …等と、ホザキながら、ホィーっと車まで、競歩の速さで行き、エンジンを掛けて、駐車場を出た瞬間に、どうも、車体が左側に傾いておる事に気付き、そして咄嗟(トッサ)に、思い描いた事と言えば「パンクした車でおいらは何処まで走れるのか?いや、むしろ御岳まで走れるのか?」って事くらいで…。兎に角走り出したが、3m進んだのち、バックしました。酷だ。


コンナ状態デ タイヤ交換ハ精神的ニ堕チル。
スポンサーサイト



スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->