FC2ブログ
2008年03月19日

●滑録 漆拾捌発目 * Last Nagareha

場所: 飛騨流葉スキー場
天気: 小雨
行程: 夜勤明け11:30~終了
面子: フジタサン・オオイワクン・ショウタ・他流葉ローカルサン

備考:
今季 78 発目。 ナ ガ レ ハ 。 は、曇り空から小雨…。燃えます。自分にとって、修行の場と捉えております。そんな、流葉も23日にクローズ…。恐らく、自分は、今回がラストになることだと思われ。悔いなく、ラストナガレハを楽しみたい…。

楽 シ メ ネ ー 。 超ザバ雪のランディングに、もはや、ピステンすら掛けられる事も無く、着地がシビア。それは、むしろ、コブ。それに加え、地形か?っと思わせる様な、ライナーなリップに対し、どこから雪を集めてきたのか、テーブルが育って15m。ザバザヴァなアプローチっと思いきや、カリカリな硫安リップ…。に、雨、風、眠気。

まさに、修行だ♪楽しめネーのは、己(オノ)が未熟と知れっとばかりに、正しく抜け、自分で蹴って自分で回す。そして、ボロボロのランディングに対し、着力(こけず着地することの出来る技量byオオイワ語)をもって制す。これぞまさに修行。



キッカー

想えば、自分はここで本当に鍛えられた。ここに有るのは、12~14mのライナー系のキッカーのし。ボコジャンすら、無ネー。永遠と、それだを、ただ、只管に…。

自分は、ここで、スランプを脱することが出来た。ここで、抜けの“蹴り”を覚えたし、着力も覚えた。ここで、自分のエアーの高さもと飛距離も少なからず成長できたし、進入速度にも慣れてきた。

ローカルどうし、馴れ合いの様な、褒め合いが、余り無い習慣の中、たまには、褒めて貰い、ビビリは疎外されてゆく中、常に、“攻め”と“被せ”の意識を感じながら、良い意味での緊張感で、自分なりの攻め方をし、若干は成長出来たのではネーかっと思う。

お陰で、少々荒れてるキッカーにも慣れたし、飛び過ぎるって事が、どうやら癖にもなった。それで、怪我もしたが、 イ タ ク モ カ ユ ク モ ネ ー 。 …けど、痛テーもんは痛テー。

そんなんを、不気味に笑うオオイワクンを始め、流葉ローカルや、パウダー@神のフジタサン他、とてもじゃネーけど、今の自分じゃ、付いて行けねー方々に接することが出来、…なんだろ? …なんて言うか、 ヴィヴァっす!マジデ。

サンクスナガレハ*サンクスナガレハローカル♪ ンジャ、マタ。

クリックお願いします!!

スポンサーサイト



スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

2008年03月19日

●携帯投稿 * Nagareha

20080319165556
修行の場。流葉。そして雨…。気合い入る。ぜ。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->