FC2ブログ
2009年01月29日

●滑〇四〇 * DEEP FOG

折角、北海道に行くので体休めも兼ね、一日だけ車を借りて、旭川動物園にでも行こうかと、“俺が”計画してました。動物大好き!

だけど、余りにも、先日までの三日間が楽し過ぎて…そんなのキャンセルしました。嫁は、その車を借りて、札幌の向こう側の、ナントカって言う町へ、昔の知人に会いに行くとか行って、行った。



この日は、俺一人で、ニセコヒラフを気ままにライディングしていました。…しかし、今までに経験した、「MY濃霧BEST3」に入る位の濃霧っぷりに、正直、昔の嫌な記憶が蘇っていました…。

夏の乗鞍での失敗や、アラウンドゲレンデでの失敗。大体、濃霧の時はそーゆー所で、アブイ事になってます。岐阜に向かって滑り降りてるはずが、長野側だったとか、前も見えずに飛んだら、U字溝だったなんて、二度と経験したくないですw。

しかし、この日も…やっぱ、流石に北海道の濃霧っぷりに、前も後ろ見えねーし、ゴーグルはカッコ付けミラーレンズだし…最低でした。林の中には、流石の濃霧で、人も入っておらず、手付かずのパフィーが残っているはずなんすけどね♪

チビチビとゲレンデを滑るってはおったのだが、どうにも、前後左右上下共に、距離感や前後差、高低差なんかを把握出来ず、平衡感覚を失われ、生まれたての小鹿みてーにプルプルしながら滑るお粗末さ加減…。まるで、目を閉じて歩いてる感じに似た、それが、黒か白かの違いっすかね。

近くに、何か立ってたり、生えてれば、たったそれだけでも、かなり感覚は楽になるのだが、なにぶん、ゲレンデが広いので、中央ほど、モノがねー感じ。少しくらい生えていても、意味はねーしな。乱立して生えていなければ、前後差・高低差・距離感なんかが解る訳もねー。

…なんて事を、ゴンドラの中で独りで自問自答するに、その眼下に見えたのは、見晴らしエリアとか呼ばれてる辺…の裏側エリア♪。裏ミハw。「あ、ココって、乱立ってんじゃん♪」って感じで、まずは、見晴らしに抜ける林をトラバース。

…滑りやすい♪近くに、何か有るだけで、ふらふらしない事に、感動。あたりめーの事なのに、それは、俺にとっては盲点。経験から発想が生じない。うむ。

しかし、コースに隣接する見晴らしエリアは、結構、トラックが入っていたので、勇気を振り絞り、もう少し奥へ…裏へ。…そしたら、だんだんとトラックが消え始めた。

000000

ココのエリアは、以前、ま~よ君やKT君の後輩のしみ君と、きたろー君と、ローカルのキミちゃんと滑った事が有るので、地形は大体OK。覚えてる。

しかし、俺は、もう少し奥の、トラックが完全にねー所が気になってしょうがねー。携帯の充電を確かめてから、KT君に教えてもらったエリアへ…。そしたら有りました。ノートラゾーン♪

なんか、探検家みてー。宝を見つけた感じ。昔から、この感じが、たまらなく好きだw。まぁ、それでも、ローカルは知ってるエリアなんだろうけどねw。知らねー俺には、結構な冒険でした。濃霧だし。…ミラーだし。

何本か廻していたら、知らない間に、ナイターになっていた。道理で暗い訳だった。しかし、それでも、人間様の目はよく出来ていて、5㍍ほど先の木々位なら、見える。見えるので、自分の立ち位置が解る。うむ。コレは、良い事を経験した。

@01/29
スポンサーサイト



スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->