FC2ブログ
2006年11月08日

●金具調節

  7日は今シーズン2日目にしては、好調だった。っというか、絶好調だったw。シーズン始めは大抵、バインの調節に違和感を感じる。感覚が慣れてきていないせいだと思うが、7日はその調節が、一発で今の俺の状態にガチしちゃったw。実は、後ろ足を2"(インチ)後ろへ下げ、セットバックとスタンスをとった形にした訳だけど、それが、何故か滑りやすく、尚且つ、脚部への負担も軽かった。

  調子がイイのは良かったのだけど、一つだけ、疑問に思った。それは、余り、スタンスを広げると、ボードのフレックスやらトーションを使えてねーんじゃね?って事。もともと、それぞれ、板にはコンセプトの様なものが有る筈で、その設定されている仕様以上のスタンス幅を取ると、例えば、テールが短くなり過ぎると、板が撓まず(タワマズ)、強い加圧を伝えられず、また反発を得られないから、例えば、ターン後半の加速も出ねーわ、アイスバーンで板がずれるわで、良くねーと思うんっす。ワカルカナ?こんな書き方で…。

  そんな事を思っていたら、ナイスなタイミングで、MIXIの「もきゅ@」サンから“カント"の事についてメーッセージを頂きました。“カント”って言うのは…、バインディングをボードから縦方向に傾けて取り付ける事っす。バイン本体にカント調節機能が備わっている場合や、プレートを下に取り付けて、調節をする2種類が有るみたいです。バインを内側より外側を数ミリ高くするのが普通っす。それによって、骨格上、自然に板に対して加圧が出来る…はず。解釈が違うのかな?まぁ、詳しくはここら辺で。で、元々カント調節はアルパインが主流っぽく、フリースタイル用のカントプレートは商品自体が少ない…っと言うか、ナイw。

  無ければ、自作だわね。ホームセンターでプレートの代わりになるゴム板を物色…。イイのが有りました♪今の所、候補は、地震の時にパソコンやらが、揺れないように、底面に貼り付けて振動を吸収するゴム板。「耐震君」っと言うものです。衝撃も吸収するので、もしかしたら、膝への衝撃も緩和でき、マストな代物になる予感w。次の御山までには、コソーリ、自作プレートを忍ばせつつ、ムフフです。


ナント、50位以内ニ ランクアップッス!
アリエネ~w。感激ッス

メイン

コメント


スタンス幅確かに気になる・・・
バーン硬いとわかりやすいんですけどね
「滑りやすい範囲で出来るだけ狭く」
がモットーです(50cmチョイ)

自分はカントってゆーか
ヒール側を上げてトゥ側を下げたい
ホームセンター行ってくるかぁ

//lincolnサン
実は他人のセッティングは気になりますw。どうしてそういったセッティングにしたのか、そう言った経緯を知り、参考にしたいです。

>「滑りやすい範囲で出来るだけ狭く」

って言うのもコンセプトの内の一つっすよね。なぁ、何にしろ、一番気を使い、試行錯誤するのが、俺はバインです…。正直疲れるわ;。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->