FC2ブログ
2006年11月20日

●人的環境

  おいらのスノーボード環境について、見直してみた。因みに、今日一日を振り返ると、夜勤明け…まず10時頃だな、そろそろ仕事が片付いてきて、そわそわし始める。ストレッチをし始める。それを見て、係長が「今日も行くんやろ?」っとか、笑いながら聞いて、おいらの仕事の分まで引き受けてくれて、それで、10時半頃、今度は事務屋の女主任が「行くんでしょ?早く行きなさい。部長に見つからない様に…」っとか、小声で囁いて、それで、部長の目を盗んでコソコソしてると、宴会部の主任が、「はよ行かんと、雪無くなってまうぞ~w。」って、笑いながら、背中を押してくれるし、それで、出掛けに、何も言ってないのに、ブライダル科のネーチャンが、「はっよ行きねーよ!」ってせかしてくれるし…それが、今朝の会社での出来事。で、ピアに着いたら着いたで、受付係の みチャン と よっちん は、おいらの事を覚えててくれてるし、それで、リフト係のジョディーは「体大丈夫ナンカ?(関西弁)」って(ネギラ)うし、それで、終わったら終わったで、休憩所で疲れ果てて、爆睡コイテたら、よっちんがアリナミンⅤ買ってきてくれたし…これが、ピアでの出来事。
  ピアまで、車飛ばして1時間、雪降ったら、一番近いゲレンデまで15分…なんだな。これはこれで、凄くいい環境だわw。しかし、そう言った、地理的・物理的な環境ではなくて、ナンダロ?なんか、スゲー幸せだ。人為的・精神的な良い環境が、何故かおいらの周りには出来てた。ハピー♪だわ。多分、皆、それぞれ、おいらの事なんてそれ程ドッテ事無いんだろうけど、本日の様にこんな事がチョビッツづつ積み重なると、こんな嬉しい事は、無いんっだわなw。こういう事に気付く事が出来た事がラッキー♪で、こんな環境にいられる事はハッピー♪だ。おいらは、各々方に何が出来るんやろね?

PIC000284.jpg


取合エズ、作ッタ ステッカーヲ配ルw。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

コメント


ホント うらやましいくらいに いい環境だ~。
こんな環境つくれるのは 
卍。人柄なんだよね。
怪我しないで 今シーズン楽しもう♪

たまにしか一緒に滑れないけど卍くんはほんと~~に楽しそうに滑ってるしがんばってるのがよくわかる。かっこいいぞ!刺激を受ける!僕のスノーボード環境は・・・・自分で狭くしてる感じがする。仕事、お金、人見知り・・・自分から変えていかないとね!せっかくいい仲間もいっぱいいるしがんばらないと。とか言いながら23日、26日は仕事です・・・・・・・

卍どん、おちかれ(´・ω・`)。

卍どんの、純ボード大好きぶり&ものの視点、ちゅうか、見方や考え方が、よっちんまんは大好きです(* ̄ー ̄*)☆

きっと、他のみんなもそんな卍どんの魅力にやられちゃうのでしょう(o・ω´・o)b


よっちんまんも、初めての山篭りで、希望を持って来たけれど、しょっぱなは、泣きべそかき子だっただに。
でも、仲間や、かあちゃんが、優しく支えてくれたんに。幸せだに( ̄人 ̄)。


したら、また人に優しくなれるだにな。鶴になるだに~。感謝感謝☆

>>zuzu:いい環境でしょw。羨ましいでしょw。幸せなんだわな。でも、当たり前だと思わないように、有難く、感謝をしんとね。助けてもらいながら、生きとります♪

>>みクン:ちっとも一緒にならんね。今年はまだ一回だけやったっけ?早くパウダー喰いてーw。パウディーデイは絶対に一緒に滑ろう。直下ろう。
23日残念。ブログは出来るだけリアルタイムに更新かけるから、それ見て、職場で想像しててw。携帯でも見られます。同じアドレスです。

>>よっちん:一体おいらは、人からどう思われてるんやろねー?昔は、自分は自分。勝手にやらしてもらいますって感じだったけど、もっと、自分のしたいことをするには、人の助けが要るんだわね。だから、勝手にやってちゃ、実は効率が悪いんっすよ。人に優しくすれば、同じ分、自分にも返ってくるんだよね。やっぱ。ここんとと、多分重要やよ。鶴やよ。アザス。

なんかちょっと感動
自分もスノーボードスキでスキで
ショウガナイ時期あったけど
環境は?だったかな
感謝の気持ちちゃんと受け止めてる
MANJIさんだからなんでしょーね
でもSBのおかげで知り合った人
仲良くなった人お世話になった人いっぱいです
やっぱりRESPECT ALL!っす

>>lincolnサン:なんやろ?歳くったから、そゆこと考えるようになったんかな…。ただ最近、何と無く感じることだけど、横乗り文化は、何かに感謝の気持ちを忘れない風潮が根付いている気がします。グリーンシーズンの御山のゴミ拾いなんかはイイ例だと思う。リスペクツ!っつか、18お疲れw。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->