FC2ブログ
2006年01月25日

●山篭終日

  もう昨日からテンション上がりッパな"第伍回独山篭"参発目。天気はイイし、体調もイイ。6時起床。車内温度-3℃。サミーサミーって言いながら、缶コーヒー2本飲んで、タバコ吸って落ち着いて、ズサーっとパークまで直下。な感じで、本日「サブロクの日」最終日でして、F3にフンワリ感+ビタ着を念頭に、今回は飛距離も入れて逝きたいって事で気合だけは、この山ん中で一番乗ってる状態っす。

  もう周りの目線は気にしてられないっす。下手でも何でも、今日の内にある程度の結果をを出したくて、飛んでは考えての繰り返し。しばらく飛んでる内に、どうもアプローチングで必要以上にヒールエッジに乗ってリップを抜けているような気がしてきた。ヒールに強めに乗って抜ければ、確かに回しやすいのだが、回転が早く成りすぎたり、高さを出しづらい等の障害がある気がしてきた。足回りで、回転力を付ける事よりも、むしろ、上半身での適度な先行動作と目線にその答えが在るのではなかろうかと、ブッチャケ、上半身の動きに、下半身がくっついてくる感じで、その方が、ゆったりと回れて+余裕が感じられるんじゃねーかと、あいなりまして、そんな感じで、抜けをややフラットぎみにして飛んだら「ふ ん わ り 。」やし。「あーナルホド」って感じでした。フライト中も周りの景色がゆっくりと見えてて、まだ、ランディングを探せるほど余裕はないけど、何故か着地も、ツタって感じでビタって、何かひと皮剥けた感じっす。その後、飛び続け、着地は未だ、おつりが返ってくるが、ゆったりした感じがあるので、飛んでてヒジョーにキモティイイっす。
  
  もう2時位まで飛び続けて、面白くて、可笑しくて、リフトに乗るのが面倒臭くなって、ハイクし始めたころ、ディガーさん達も飛び始めだして、もう、俺的にテンション上げ上げで一緒に遊んで、知り合って、色々教えてもらって、スノーボードオモシレーです。ディガーの中にYONEXの契約プロの「ダット」さんって方にお世話になった。特に着地のおつりはトゥーで着地する事に意識を持つと止まるって言われて、遣ってみたら、ホントに止まるし。これで、本日のフンワリ+ビタ着もクリアーなワケで、ホント充実しまくりの"第伍回独山篭"でした。ァジャス!

本日の成果
チョイフンワリ F3

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

コメント


ちは!
実り多くていいですな
俺も飛びたい…
かつて2度骨折してから、全然怖くて飛べません
卍さんは、どうやって始めました?
やっぱ最初は棒ジャンで徐々に飛距離を伸ばしていったんでしょうか?
最近ぽこじゃんに怖くない限界のスピードで入りオーリーする練習ははじめました

0-3-6-9様:どもです。二回も骨折されているんですか。でも、体が動くと、どうしても山にいってしまいますよねー。

自分も最初から飛べたわけではないですが、飛ぶことに対して、気持ち良さを感じてしまって、もっと大きく飛べたり、スタイリッシュに飛べたら、どんな感じなんやろーかと、そればかりが、頭ん中で先行します。当然、恐怖心もあります。って言うか、毎回ですが、それも気持ち良さの一部なのかも。スリルの様なものなのかもしれませんね。よう分からンデス(笑。

気持ちよさ…ですか
確かに最近はそんな気がしないでもないような…
まあ、ポコジャンから地道に再チャレンジしていきます
ぜひ、ご指南を

0-3-6-9様:ご指南なんて、カンベンしてくださいょ(笑。殆ど、独学っすよ。アトはストーキングトレースっすw。
そんねな、感じっす。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->