FC2ブログ
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月22日

●位置付 * Rider trial in Hashima

スノーヴァ羽島でメーカー“モニター”ライダー選考会があった。…出場した。…撃沈した。あと一歩って感じだった…なんて感じは全然しなかった。でも、届かねー感じのレヴェルって感じでもねかった。だので現実味があった。しかし、それがかえって、実力差を実感させた。…実力ってなんだろ?色色、考えさせられた一日だったねー。



ただ廻せれば、いいって感じでもなさそうだね。「グラブが入らなきゃ廻ったとは言えないね。」っなんて、スノーヴァに良く来るフォルクルのライダーが会話してたのを思い出した。

自分らしさ、独特さが重要。「メーカーさんにアピールして欲しいね~!」って感じで、MCがずっと叫んでたっけ。スタイル出せって事かな。スタイル出すって難しい。空中で刺すのって、オイラのレヴェルじゃ、結構まだ辛いんすよ。空中のバランスが崩れたんじゃ、ポークどころで無くなってしまう。特に、高回転ではね。回転止まるしw。

極めつけに、主催者が言った一言。「上手い奴は腐るほどいる。」まさに、その通りなんだろうね。オイラに言わせリャ、腐っても上手いんだけど…。メーカーは、上手いだけを求めてはいないんだな。自分んトコが活性化しなきゃ意味無いし。

総括して業界の活性化。主催者はそこまで考えていたっぽいな。初の室内選考会への意気込みから、それが伺えた。完全に供給者としての思考。そして、その供給ラインの末端である、いちユーザーとしての自分。オイラは、このイベントに参加することによって、一時的にも親近感を覚える。実際に、各メーカーと話す事が出来た事は、オイラにとっていい経験だったし、特に、RIDEの担当者と話せた事は、もはや良き思い出だね。記念♪

今回、参加した事で、スノーボーダーとしての自分の一般的な実力と市場での位置付けを垣間見る事が出来た。どちらも、何処にでもいる、極々イッパンピーなスノボチャンであったことに、少し凹むが、かえって、地に足が着いた感じで、前より、フワフワした感じがしないね。
スノーボーダーとしてスノーボードカルチャーの流の中の自分の位置を上げてみたい。少なくとも、昨日よりはw。

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

コメント


応援してるぞ!
諦めないなら焦ることはない。

ゴツゴツ先生(マイティ)、いつも良いこと言うね(・ω・`)
『ねばねばぎぶあっぷぅ』ふふふ。

ひつこい感じ。ネバネバ~
でも、卍。さんは、確実に技量は上がってる。自分プッシュ尊敬。

うまくなれなきゃ、ボード楽しくないし、楽しめんもんな…(。_。)いやはや。

オイラの師匠はスタイル極めようとして
一度ストレートに戻り、
研究しすぎて(?)3以上回せなくなったおひとです。

でもスタイル入ってるのってカコ(・∀・)イイ!!

マイティさんカコイイ事言った!大丈夫っす。諦めてないよ。ゼンゼン。だが、行けば行っただけ、上達はするが、そのスピードが思ったより遅いのがイラツクんっす。>わい。の言うように、上手になれば楽しいんだろうけどねー。もっと上手くなって楽しみたいね♪まだ、足りんです…。あと、エミカッコチャンの師匠みてみてー!!あのスタイルは、師匠仕込みってわけね!絞りが(っ´∀`)っイイ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。