FC2ブログ
2008年02月15日

●奇跡体験

奇跡…を感じた。02/13の焼額山。天気は終日吹雪。雪は有る所で腰上。視界は…まぁ、最悪。そんな、自然の猛威を肌で感じながら、自分の出来るだけの技術でエキスパの深雪を1人で攻めていた。

14:00頃だったと思う。1ゴンで降車し、出口からゲレンデを見ると、徐々に、外が明るく成りだして、パッと、頭上を見ると、若干、雲が薄くなってた。そこを、何故か食入る様に見ていると…、お日様が顔をだした。「コンチワー♪」って感じで。そして、ゴーグルに付着していた、粉雪を瞬く間に溶かした。

かなり視界の悪い、吹雪の中、直径30㍍程の光のゾーンが出来た。それはまるでステージのスポットの様だった。そのスポットがコースに沿って動いていったので、思わずその中に飛び込むように、滑り入り、そして、また上を見上げた。

光が筒状に差込み、その外側は完全な闇で、今、自分がいる場所は、完璧な、ピーカンだった。光の筒の先は、夏のような太陽と、深い色をした、青空が見えた。

ヤヴェ…。思わず、両手をお日様に掲げて、奇声とも思われてもしょうがない様な、雄叫びを喚きながら、スポットが動く方へ進んだ。まるで、導かれているかの如く。…それが、結構、早いw。

スポットは、特に、左右蛇行せず、直線的に進んだ。そして、見た事の有る所に出た。そこは、朝から、唯、只管(ヒタスラ)に、自分を追い込んできた、8KBエキスパートコース。最大39度、平均32度に、腰上の深雪+自分が作った雪崩の塊w。

いつもは、一旦、コース前で停止し、自分の行くラインを確認するのだが、既に、スポットが迫っており、止まる訳にはイカネー。意を決する暇も無く、そのままの速度で横からで無く、真っ直ぐ進入した。間に合わないと思ったので、コース入口では無く、ロープ側から逝った。怖えかったw。普段はしない。アブネーからw。でも、その時は、しなきゃいけないと思った。恐らく、スポットの光が、オイラのテンションをオカシクしたんだと思う。

光が無かった時とは違い、スポットの光のお蔭で、斜面の起伏やラインが良く見える。自分の滑る影まで、クッキリと浮き出ていた。背中が暖かい。ついさっきまで、凍り付いていたのに…。

完璧にラインが読める。サイコウだった♪遣られる訳にはいかなかった。自分の出来るサイコウの滑りをしようと思った。誰も見てねーのに、…攻める。アブネーし、ちょっと虚しいカモ…っ等とは、全く考えもシネかった。完璧な ジ コ マ ン 。そんな満足の為に、ちょっと命掛けたカモ…。技術もネーのに、ソユことすると、下手コクが、覚悟も少しした。

何処をドウ滑ってきたかは、ハッキリと覚えていないが、コースっと言うか、外と言うか、よう分らん。取り敢えず、後を振り返って見るが、もう、何も見えないくらい、吹雪いていた。そして、次第に、スポットの光も、幕が閉まるように、薄くなって、消えていった。

夢か?頭打ったかも…。たった、数秒前の事実を信じる事が出来なかった。凄く昔に経験したかの様に記憶を辿り、懐かしくも感じ、追憶した。しかし、まだ背中は温かかった。マチガイネー。強引に確信した。口がカラカラだったけど、取り敢えず、又、叫んどいた。オイラのSnowLifeで恐らく、1番だと思ったので。

クリックお願いします!!

スレッドテーマ:スノーボード:スポーツ

メイン

コメント


やばいね。 まじで

最高のステージだな!

その斜度で腰上・・・これがほんとのパウダーランだね。

不思議な体験ですね(@o@)
雪山にゎやっぱり魔物が住んでる。。。

最高だった。仏か魔物か、いずれにせよ、神秘を感じた一瞬だったんだと思う。もしかしたら、この一瞬の為に、やってるんだと思ったよ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する
|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->